恋愛

卒業式に告白した体験談

投稿日:

卒業式シーズン

新しい世界への旅立ちとはいえ、辛いときも楽しいときも一緒に過ごしてきた友達とのお別れは、寂しいものです。

そして、毎日のように会えた大好きな相手とも、お別れになってしまう人もいるでしょう。

そうなってしまったら嫌だ!と一念発起、温めてきた思いを伝えようと、好きな相手に告白することを考える人もたくさんいると思います。

卒業式に告白するとOKをもらいやすいと言われますが、本当なのでしょうか?

なぜ卒業式に告白しようとするのか?

進学や就職で、遠くに行ってしまう同級生や、学校を卒業して会えなくなってしまう先輩に告白しよう、と計画する人はたくさんいます。

バレンタインホワイトデー、クリスマスなど、告白するきっかけをくれるイベントデーがいくつかある中、卒業式が告白のきっかけに選ばれる理由は、「もし万が一フラれても、次の日から顔を合わせなくてもいいから」でしょう。

告白して、もしフラれてしまったら、次の日から関係がぎくしゃくしたり、なんだか気まずくて話しにくくなりますよね。

卒業してばらばらになってしまえば、そのような後くされがなくてすむので、思い切って勇気を出して告白するきっかけとして選ばれるのです。

または、ずっと温めて伝えるきっかけが見つからず、気付いたら卒業式がラストチャンスになってしまった、というパターンもありますね。

卒業式に告白するとOKをもらいやすいって本当?

ある調査データによると、卒業式に告白してOKをもらえる確率は、なんと60%以上だそうです。

なかなかの高確率と言えます。

OKをもらえる理由として、告白する方の気持ちが盛り上がり、気持ちを素直にストレートにしっかり伝えることができるので、相手に気持ちが伝わりやすいということがあります。

誰だって、自分のことを本気で好きだと言ってくれている気持ちが伝わってくると嬉しいものです。

告白されて相手の気持ちを知り、そこから好きになることだってあります。

また、告白される方も、卒業式という一大イベントに呼び出されたら、ある程度は「これはもしや・・・」と気付くものです。

そこで、もし相手の気持ちに応えることができないなら、さりげなく気持ちに応えられない雰囲気を醸し出したり、呼び出しに応じることはありません。

ですから、呼び出しに応じてくれる、ということは、その時点でほとんどOKをもらえたようなもの、という場合もあるのです。

勇気を出して告白したら、なんと実は両思いだった、というパターンも少なくありません。

告白の成功率をUPさせるには?

相手に好きな人がいるかどうかのチェックをしておく

せっかく告白したのに、好きな人がほかにいると言われて断られた・・・なんて失敗がないよう、いろいろな人から話を聞いて、告白したい相手に好きな人や彼女がいるかどうかをチェックしておきましょう。下調べは重要です!

自分のことをどう思っているかチェックしよう

自分のことを好きかどうかはともかく、どう思っているのかを確認しておきましょう。会話の中でさりげなく相手に直接聞いたり、相手の友達から聞いてもらってもいいでしょう。恋愛対象として見ることができるかどうか、自分を苦手と思っていないかだけでも聞くことができれば、成功するかしないかがわかりやすいですね。少なくとも嫌いでなければ、チャンスはあるということです!

卒業後、遠くへ行ってしまうかも?

卒業後、相手が遠いところに就職や進学で引っ越してしまったら、もし告白してOKをもらえて両思いになることができても離れ離れになってしまいます。遠距離恋愛でも構わない!という気持ちがあればいいのですが、もし遠距離恋愛はできない場合、告白しても寂しい結果になってしまうこともあります。卒業後の相手の進路も、さりげなくチェックしておきましょう。

あらかじめ時間と場所を約束しておこう

卒業式の日は、式が終わってからも何かと予定がありバタバタしているものです。友達同士で出かけたり、家族とお祝いをしたりするなど、相手にも予定があります。突然呼び出すことができず、告白することができなかった、などという話もあります。そうならないために、1週間前には、「〇時に〇〇に来てください」と一言伝えておきましょう。

最後に

卒業式に告白することは、人生においてとてもいい思い出になります。

卒業式に告白した体験談を聞くと、「先輩に告白して第二ボタンをもらったなぁ」「告白してフラれたけど、思いを伝えることができてよかった」など、甘い思い出やほろ苦い思い出など、素敵な思い出がたくさんあります。

卒業式に好きな人に告白を考えているあなた、その告白が素敵な思い出になるように願っています!

 

卒業式に告白した体験談を聞いてみました。

定番の告白イベントと言えばバレンタインですが、学生時代の告白といえばやっぱり"卒業式"ではないですか?

同じ学校だと告白した後や別れた後のことを考えて、在学中にはなかなか告白できない方も多かったですよね。

先輩でも同級生でも、卒業式が終わると明日から別の日常が始まってしまい、簡単には会えなくなってしまいますよね。

最後に勇気を振り絞って告白した思い出がある方も多いのではないですか?

もしかしたら今後、卒業式に告白しよう!と思っている人がいるかもしれない、ということで今回は卒業式に告白した体験談を集めてみました。

もしいい結果じゃなかったとしても、卒業式に思いを伝えるという行為自体が大人になるといい思い出になりますよね。

皆さんの体験談を読んでいると、自分の学生時代のことを思い出して懐かしい気持ちになれますよ♪

告白しようと朝からドキドキしていたら、相手に逃げられてしまいました。ずっと見張っていた訳なのに逃げ足が早くてもう帰られていた後で告白しようと張り切って居たのにダメでした。

中学生の時先輩とが卒業だったので下駄箱に手紙を入れて名札が欲しいことを伝えました。しばらくして手紙捨てられちゃったかな?と思ったら春休みに部活を見に来てくれて渡してくれました。今でも大切な思い出です。実家にまだ名札がありますが、この間同窓会で先輩が体育大を出て教員になったことを知りました。今でも尊敬しています。

高校生の頃の話です。1年生の時からずっと片思いしていた、同じ部活のY君。私は自宅より遠く離れた大学への進学が決まっていたため、約3年温めてきた思いを伝えることにしました。卒業式前日、卒業式後に話たいことがあるとメールをしておきました。メールを打つ手が震えていたことを今でも覚えています。きっとY君もその時点で何があるかわかっていたと思います。当日、涙、涙の卒業式を終え、教室で友人たちとたくさんおしゃべりをしたり写真を撮ったり。友人はみんな私がその後告白をすることを知っていたため、約束の時間頃に背中を押してくれました。待ち合わせ場所へ向かうとすでにY君は来ていました。「ごめんね、待たせて」「ううん、今来たとこだよ」とお決まりの会話。「ずっと前からわかってたと思うけど。私、ずっとY君のこと、好きだったんだ。」「うん。ありがとう。」「お互い大学に行っても頑張ろうね!」「おう!」「じゃあ。またね。」離れ離れになることがわかっていたため、付き合ってとは言いませんでした。Y君とその後連絡をとることはなかったけれど私にとってかけがえのない思い出です。

かなり古い話しになりますが、高校生の卒業式の時に好きな人の第二ボタンが欲しくて、友達に頼んで彼を呼びだして貰いました。 第二ボタンを下さいって言うだけで、気持ちが伝わるかなぁと思ったのですが、一応好きなのでボタンを下さいとハッキリ言いました。 無事に好きという思いとボタンはゲットしましたが、特に返事もなく。。。 それ以上は自分からアプローチ出来ませんでした。

もう小学生の頃の話です。 その人は、私立の中学へ進学が決まっており、小学校を卒業してしまったらもう2度と会えないかもしれない。という状態で、卒業式に思いを伝えることにしました。 卒業式の終わったあと、人気者だったその人は他の仲間たちに囲まれ、話しかけられない状況へ。 結局、彼は捕まえられず。下校となりました。 その後、帰宅してから彼の家に電話をかけました。その当時は携帯がなく家に電話をかけるしか手段がありませんでした。 たまたま電話にでたのはその人でした。 電話越しに「ずっと好きでした。」と伝えると彼は照れ笑いをして、「おれも好きでした。」という答えが聞けました。 その後、高校生まで付き合った。という初恋でした。そんな彼は今は遠くに引っ越してしまいましたが…

ずっと片思いしていた男の子に卒業式に告白しようと思ったのですが、男の子はどのタイミングでも友達と一緒におり、呼び止めることができず帰宅しました。帰宅後、ものすごい後悔が押し寄せ、男の子の自宅に電話し告白しました。結果振られてしまい、さらに男の子の家に友達が大勢いたらしく、私の告白の電話を聞いていたそうです。告白しなければ良かったと今でも後悔しています。

中学の卒業式の事。大好きだった同級生の男の子に告白しました。 3年間同じクラスでしたが、彼はバスケ部のエース、私は吹奏楽部だったのでなかなか部活でも関わる事も無く、クラスで話すくらい… 高校も別々のところと決まっていたので思い切って告白! 絶対ダメだと思っていましたがまさかのOKだったときは本当に嬉しいのとビックリとでした。 ただやはり高校生…別々の高校なのでだんだん会わなくなってしまいました。 でもとても良い思い出です。今では、同窓会などで再開し普通に友達として仲良くしています。

中学2年のときに、当時片思いしていた先輩が卒業するので、思い切って告白しました。そのときはお付き合いしている彼女がいるは知っていましたが、ボタンだけでも貰えたらいいなと思い、告白しました。結果は見事に振られましたが、第二ボタンを貰えました。それからも片想いは続いていたのですが、わたしが高校生になったとき、電車で再会し、先輩も覚えていてくれたこともあり、お付き合いが叶いました。

-恋愛
-