美容

海やプールで髪の傷みを抑えるための予防の方法

投稿日:

海やプールに入った後、髪の毛が傷んでしまったという経験はないでしょうか。

海やプールには髪の毛を傷める原因がたくさんあり、きちんとケアを行わないと髪質が大きく乱れてしまいます。

そこでここでは、海やプールで髪の傷みを抑えるための予防法をご紹介します。

海やプールは髪の毛が傷みやすい

海やプールは髪の毛が傷みやすくなりますので、きちんとケアすることが大切です。

特に次のような要因が、髪の毛に大きなダメージを与えます。

紫外線

海やプールで最もダメージの原因になるのが紫外線です。

髪の毛は紫外線を浴びすぎるとキューティクルが剥がれ落ち、髪の毛のごわつきやパサつきの原因になります。

海水やプールの水

海水は特にアルカリ性を示すため、海水が髪の毛に付着すると、髪の毛の性質を変えてしまう可能性があります。

人間の素肌などは弱酸性に保つことが最も良いとされ、これは髪の毛にも当てはまります。

髪の毛の傷みを予防する方法

髪の毛の傷みを予防するためには、次のような方法を行ってみるとよいと思います。

洗い流さないトリートメントを使用する

トリートメントには洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあります。

洗い流さないトリートメントは髪の毛の保湿を行うだけでなく、髪の毛を外的なダメージから守る役割があります。

海やプールに行く前に洗い流さないトリートメントを使用すれば、髪の毛の傷みを抑えることが可能となります。

帽子を被る

肌には日焼け止めを使用することができますが、髪の毛に使うのはなかなか難しいと思います。

そんな時は、帽子を被って紫外線から髪の毛を守りましょう。

とにかく髪の毛を傷めないためには、直射日光を浴びない時間をなるべく長くすることが大切です。

また、海やプールに入る際も水泳キャップを被ることで、水によるダメージと紫外線のダメージを軽減させることができます。

海やプールの後のケアも大切

髪の毛のダメージを予防する方法があるとは言え、100%防げるわけではありません。

海やプールへ行けば、どんなにケアを行っても少なからずダメージは受けてしまいます。

そのため、海やプールの後に髪の毛のケアをきちんと行うことも大切になります。

髪の毛は海やプールの汚れが付着しやすく、放置すると髪の毛にとって多大なダメージとなり得ます。

シャンプーを使用して髪の毛をきちんと洗い、汚れをしっかり洗い流すようにしましょう。

髪の毛は一度ダメージを受けると修復することができません。

きれいな髪の毛を維持したいのであれば、きちんとした予防、アフターケアを行うようにしましょう。

海やプールで髪を傷めない方法を聞いて見ました。

海の水って塩分が入っていたり、プールの水も塩素が入っていたりします。

プールだと衛生面のことを考えればいいことなのですが、髪の毛にはかなり負担がかかってしまっています。

でもだからといってプールや海に行くのをやめようとは思いませんよね。

では髪の傷みを抑えるための予防をするしかありません。

ということで今回は「海やプールで髪の傷みを抑えるための予防の方法」をみなさんからお話ししてもらいました。

水に入る前の普段のケアや、海やプールに行ったときの対策方法や、帰ってきた後のケアの方法などさまざまな角度からの予防方法があります。

髪をきれいに保つ方法をしっかり学んで、楽しい夏を過ごしてくださいね!

海やプールで髪の毛の傷みを予防する方法は、とにかく水泳キャップをかぶることです。水泳キャップをかぶることでキャップの中で髪の毛がまとまって、プールの塩素の害やその他の害がある程度防げるのです。 海の中にはいろいろな雑菌があるので、そういう髪や肌に良くないことからも髪の毛を守るためにも水泳用のキャップをかぶるのが有効です。

どうしても、海水やプールの塩素につかると髪がゴワゴワしてきます。それは、仕方がない事なので、楽しんだ後にはしっかり洗い流すなどのアフターケアをすると良いと思います。 ダメージを受けた髪の毛全体をたっぷりのお湯で濡らし、しっかり落とします。その後、シャンプーで綺麗に洗い、ダメージを最小限度に抑えるためにトリートメントやヘアパックで髪を保護します。 塗った状態で3分程度置くと効果が上がります。
海や屋外のプールでは紫外線による日焼けで髪が傷むことが多いので、最近良く売られているスプレータイプの日焼け止めがとても効果的です。 また屋内外に問わず海水の塩分やプールの塩素でも髪は傷みます。 髪が長ければなるべくヘアスタイルをアップにしてまとめて、きっちり編み込むことでなるべく水に触れる面積を少なくして水から出た後はしっかりと水道水等で洗い流すことが大切です。
夏になると海やプールへ遊びに行く人が増えますが、その時に肌が日に焼ける害のことばかり気にしていては足りません。 髪が塩素で傷むということや、髪も肌と同様に日に焼けてそれが原因で傷むということを知っておく必要があります。 髪の痛みを最小限に抑えたかったら、まず海やプールへ出かける前に髪の毛にしっかり日焼け止めムースやスプレーを付けることです。
海で髪が傷む原因は、夏の強い日差しと海水です。 日差しによる日焼けで、表面はとても傷んでしまうので、スプレータイプの日焼け止めがかかせません。あとは、帽子を必ずかぶることです。 1日中海水浴を楽しんだ後は、すぐにシャワーを浴びて、海水を落とし、トリートメントをすることも大切です。 ナトリウムは身体に良いですが、海水は決して綺麗なものではないのでなるべく早く落とすに限ります。
海やプールで髪を傷めないためには、まず入る前にできるだけ髪を一つにまとめることだと思います。 ショートカットの髪型だと仕方ありませんが、長い場合はお団子のようにまとめておきます。 そして、海ではキャップを被らない人がほとんどなので、海水に濡らさないこと。 プールの場合はキャップにできるだけ髪の毛を全部納めること。 キャップの素材は、メッシュよりシリコンがいいです。 あとは、海やプールから上がった後、できるだけ早く髪を洗うことだと思います。
私は昔水泳を習っていて、水の中に入る機会が多かったのですが、やはり髪は塗れると傷みやすいということがわかります。 特に濡れた髪と髪どうしをこすり合わせると痛みが進んでしまうので、プールから上がったらタオルで手早く水分を吸い取り、髪を濡れた状態にしておかないことが大切です。 海水浴では、塩水が髪を傷ませるので、お風呂で塩水を良く洗い流し、傷みやすくなっている髪をよくトリートメントしておくことが必要です。
とにかく直射日光をなるべく受けないように、本当は海に入っている時も帽子をかぶっているといいのですが、無理ですよね。 なので、分け目を作らずにまとめておだんごにするなど日差しを浴びる面をできるだけ減らす、海やプールからあがったらシャワーで洗い流して塩分、塩素を落とす、あがっている間は帽子をかぶる、海やプールに行った当日から数日間はいつもよりちょっとお高い、成分のいいトリートメントを使うなど、とにかく手間をかけられるかどうかがポイントです。 それが面倒くさいという方は翌日にでも美容室に行って、トリートメントをしてもらいましょう。
私は海やプールの水で髪が傷まないように、なるべくキャップをかぶるようにしています。 特にプールの場合は髪の毛が全て収まり、水をきちんとはじくようなシリコンのキャップを使用し、直接髪がプールの水で濡れないように気をつけています。 また、海の場合はキャップをかぶる事が少し恥ずかしいので、海へ入る前は髪の毛に使用できる日焼け止めをスプレーし、入った後は何時も以上に丁寧にシャンプーとトリートメントをして、きちんと乾かすように気をつけています。
せっかく毎日手入れしている自慢の髪が、海やプールの塩素でバサバサになってしまった事があります。 そういう時はまず海やプールへ行く前に、洗い流さないタイプのトリートメントでケアしています。 これをするだけでもかなり違いますし、更に紫外線予防にスプレータイプの髪用日焼け止めを吹きかけておけば、もっと防ぐ事が出来ます。 後は髪をあまり濡らさないように気を付けて、濡れてしまったらシャワーで十分すすいでから、すぐ家に帰れない時は洗い流さないタイプのトリートメントを付けます。 家に帰ったらすぐにシャンプーをしていますが、こうするだけでも結構髪の傷みが防げました。
海に行って髪の毛が非常にダメージを受けた感覚になりました。 それがショッキングだったので予防策を自分で考えて実践しました。その後に海に行ってからはとにかく髪を水から避けました。 髪の傷みを抑えるためには塩分の多い水をつけないことが重要です。 私はそれを家族から聞いたので髪の毛を短くして効果を受ける範囲を小さくしたのです。結果的に何度も海に入りましたがあまり痛んだ印象はなかったです。
海や室外のプールへ行く場合は日焼け止めスプレーをとにかく髪全体にスプレーして極力水に濡らさないようにしています。 室内プールの場合は洗い流さないタイプのトリートメントを髪全体につけて髪を保護し、やはりなるべく水に濡らさないようにしています。 またどちらにせよ泳いだ後はきちんと洗い流し、オイルやトリートメントなどのヘアケア用品で傷みをしっかり補修します。
プールには塩素が入っているので、上がった後に必ずと言っていいほど髪の毛がガシガシになってしまいます。 そこでの予防策として、サンケア用の洗い流さないトリートメントを使用することです。 それをプールに入る前につけておくだけでかなり改善されます。 また、入ったあともそのままにしておくのではなく、すぐに塩素を洗い流しトリートメントで補うなどのアフターケアも大切です。
髪も顔と同じだと考えると良いと思います。 海やプールには塩素があるので、これをケアなしに髪の毛を触れさせると痛んでしまいます。 やっぱり、顔も日焼け止めでガードするように、髪の毛にもUVカットをする事が必要です。 スプレータイプもUVカット商品で髪の毛を保護すると良いでしょう。 そして、最近では、ワックスなどでもUVタイプがあるので、そちらを利用しても良いと思います。
夏の海やプールで一番気になるのは紫外線です。 私は髪に紫外線防止スプレーを使用しています。 海やプールに入らず休憩している時は、日蔭になる場所にいるか、それが無理な場合は必ず帽子をかぶるか日傘で直接紫外線が当たることを防ぎます。 海水の塩分やプールの塩素も髪には良くないので、なるべく髪が濡れないように泳ぎ、遊び終わったら必ずシャワーで海水またはプールの水を洗い流します。 家に帰ってかも、シャンプー時にはトリートメントも念入りにするようにしています。
海、プールに行き帰って来る頃には、よく髪がパサパサで傷んだのを感じます。 そのため、行く前に髪にはUVカットスプレーをつけて紫外線から守ります。 また、入る前には洗い流さないトリートメントを使い髪に保護膜を作ります。 それで塩分が髪に入り込むのを防ぎます。 あと、自分は髪の毛が長いため、いつも髪をまとめてゴムで縛ってから入ります。 広がったまま入るよりは、塩分があたる面積が小さくて良いようです。 そして、でたらすぐに洗い流して、塩分を取り除いています。 これでだいぶ、プールや海のあとの髪の毛のギシギシ感は減りました。
海やプールでは勿論、普段の外出時にでもなるべく使用するよう気を付けているのですが、髪用のツヤ出しスプレーがオススメです。 以前、美容師さんから教えて頂いたのですが、ツヤ出しスプレーにはコーティング効果があるそうで、それにより髪を保護してくれるので紫外線などから髪を守ってくれるそうです。 それを知って以来、紫外線が強くなる5月頃から夏が終わる頃まではツヤ出しスプレーが欠かせません。 海やプールでは更に帽子で髪への負担を減らすよう努力しています。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-