美容

若白髪の悩み

投稿日:

 

髪の毛

若白髪は女性にとって気になる症状の一つです。

万が一生えてきてしまった場合に対応できるよう、若白髪の原因や悩みを予め知っておくことは大切です。

そこでここでは、若白髪の悩みについてご紹介します。

若白髪の原因

若白髪が生える原因はたくさんあります。

近年の若者は生活習慣の乱れが顕著で、これが白髪の原因となるケースもあります。

白髪に関わる生活習慣とは、食生活の乱れやストレス、睡眠不足などです。

髪の毛を成長させるためには、最低限の栄養素やホルモンバランスが整っている必要があります。

偏った食生活や夜更かし、慢性的なストレスに心当たりがある方は、白髪に注意した方がよいかもしれません。

また、若白髪は遺伝による影響も強くなります。

遺伝の場合は自分で対処することが難しいですが、自分の両親などに聞いてみると、ある程度症状を予測できるかもしれません。

若白髪の悩み

若白髪の方は多くの悩みを抱えています。

特に、次のような点で、悩みが大きくなる傾向にあるようです。

老けて見られる

白髪と言えば加齢に伴って発生する症状の一つです。

若白髪であっても白髪が生えていると老けて見られやすく、美容を気にしている女性にとっては大問題となります。

特に黒髪の中に白髪が混じっていると、白髪が目立ちやすいため、上手に処理を行わないと多くの人の目に留まってしまいます。

白髪染めが面倒

白髪の量が多い場合、若白髪をそのままにすることはできず、白髪染めなどを使用しなければならない状況も多いと思います。

しかし、白髪は一度処理してもすぐに伸びてしまうため、1か月〜2か月に1回は処理を行わなければなりません。

また、若者が白髪染めを使用するという抵抗もあって、悩みを大きくしてしまうケースが多くなります。

また、若白髪は人によって生える年齢が大きく異なります。

10代の方もいれば、20代になって急に増える方もいます。

そのため、自分は大丈夫という過信は注意が必要になります。

若白髪の悩みは白髪をさらに増やす

若白髪は遺伝などの影響もあるため、場合によっては仕方ないケースもあります。

若白髪で悩みすぎてストレスが溜め込んでしまうと、頭皮の栄養補給が滞り、別の原因でさらに白髪を増やす危険性があります。

若白髪を指摘されて恥ずかしい思いをしたり、白髪染めが面倒だったりと、何かと若白髪は悩みが多いようです。

いざ自分の髪に白髪が生えてきたときのためにも、きちんとした対処法を知っておくようにしましょう。

若白髪の悩みを聞いて見ました。

年を重ねたことや老化を表しているといっても過言ではないのが白髪ではないでしょうか?

でも若いうちからでも白髪が生えているという人はいますよね。

やっぱり若いうちから白髪が生えている人は視線を集めがちですよね。

みなさんそれぞれ若白髪に対する悩みがあるのではないでしょうか?

ということで今回は「若白髪の悩み」について皆さんからお話を聞いてみました。

どんな時に若白髪が発覚したのか、どんな悩みが出てくるのかということもお話ししてもらいました。

白髪になった原因や対策方法なども教えてもらえました。

若くから白髪の悩みを抱えているあなた!

同じような悩みの人はどんな風に乗り切っているのか参考にしてみてはいかがでしょうか?

昔から白髪が人よりも多く、小学生の時から「白髪があるよ。」と事あるごとに言われてきました。それが産後に更に増えてとても目立っています。どんなに綺麗にまとめ髪をしていてもきらきら光る白髪が目立つので気になります。30歳手前にして白髪染めを使わないといけないのかと思うと少し悲しくなってきます。夫から「うちの母さんから白髪染め貰ったら?」と言われてしまったので更にショックです。

若白髪になったと気付いたのは家族が指摘したからです。ある時に家族と外出して後ろから若白髪のことを言われました。私は家族の反応が不思議だったので帰ったら鏡で確認しました。そしたら白髪の数が非常に多くて若いのにどうしてだと思いました。 それからは人に指摘されないように帽子などで頭を隠しています。こういった悩みがあると行動にも制限が出るので苦労するところがあります。

まだ十代なのに、嘘みたいだけど若白髪があります。その事を友人にからかわれました。その時恥ずかしくて、とても辛かったです。若白髪って一体どうしてできるのでしょう。以前はなかったのに、気が付いたらできていたのです。少ないですが明らかに私には若白髪があります。でもこれ以上増えたら困ります。白髪ができるのはお爺さんになってからでいいです。

始めは櫛でとかした時に何本かある程度でしたが、だんだん増えてきたようで普通に見えるぐらい白髪があります。始めは抜いていましたが、抜いてもまたすぐ見つかるのでとてもストレスになります。髪を染めても白髪のところは結局白髪でわかってしまいます。まだ20代だし、女なのでこれから歳をとったとき先が思いやられます。

10代の頃からカラーリングを頻繁にしていて、それもかなり明るめの色にしていたので、髪の毛がパサパサで栄養が行き届いていないような髪の毛の質になってしまいました。それが原因なのか分かりませんがまだ20代なのに白髪ができてしまいました。白髪染めに抵抗があるのでそれ以外での白髪対策で何かいい方法がないか悩んでいます。

わたしは20代後半頃から白髪がちらほら出始めました。 それからは日に日に増えていっています。 白髪が増える度鏡を見てぞっとして、さらにストレスで白髪が増えていっている気がします。 白髪染めは早いうちからしない方がいいと美容師さんに言われたので今は白髪が目立たないように明るめの色で染めてもらっています。 白髪があるだけですごく老けて見えるので本当に嫌です。

若白髪の悩みは、とにかく老けて見られてしまうことです。髪が薄くなっているわけではなく、あくまで白髪だけなのですが、ひどい時は10歳くらい年上に見られてしまいます。本当は髪を染めたりしたいのですが、肌があまり強くなく、ヘアマニキュアで隠しています。白髪の量が少なかった時はそれでも良かったのですが、増えてきた今は、マニキュアでは限界を感じているので、ちょっとどうしようかなと思っています。

私の場合、白髪が両耳の回りにのみ生えていて、非常に格好悪いものとなっています。中学生位から、若白髪で同じ部位にチラホラと、白髪が生えていたのですが、年令と共に増えました。 若い時には、明るめのヘアカラーで染めていましたが、最近は年相応の黒っぽい色の白髪染めを利用しています。最近は、お風呂場で放置時間5分ほどの、男性用の白髪染めも出ているのですが、無精の私にはその5分も面倒に感じ、染め直す期間が開いてしまいます。すると、伸びた髪に白髪が出てきてしまい、格好悪いものになってしまうのです。 白髪になるなら、もっと全体的に生えてきたら良いのにと、思ってやみません。

白髪、特に若白髪は、見た目年齢を上げる要因の一つだと感じています。だからこそ、若白髪に悩み始めたかなり若い時から、今までずっと白髪染めをしています。自分で染めることには不安があるので、定期的に美容院で染めていますが、白髪ではない他の髪の毛も痛める原因となってしまうことと毎回お金がかかることが、悩みの種です。

私は成人するまでは黒々としたきれいな髪をしていたのですが、成人を迎えてから急にちらほらと白髪が交じる様になり、ほどなくして若白髪になってしまいました。 初めはほって置いたのですが、年齢よりも老けて見られる事が多くなり、それがいやで白髪染めを使って染めるようにしたのです。 20代で白髪を染めるようになってしまい、この先何十年と白髪染めを続けるのかと思ったら、気が重くなってしまいました。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-