美容

飲む日焼け止めに含まれている成分について

投稿日:

飲む日焼け止め

手間を省いて日焼け止め効果をグンとアップさせることができる、飲む日焼け止め。

サプリメントなので身体にも優しく、副作用も比較的出にくいとされており、若い女性だけではなく男性やお子様など幅広い層に広まっているので近年大注目されているんです!

そんな飲む日焼け止めですが、具体的にどんな成分が含まれているのか?その成分はどのような働きを持っているのか?分からないことも多いのではないかと思います。

そこで、コチラでは皆さんが気になる飲む日焼け止めの成分について、詳しくご説明致します!

飲む日焼け止めの主成分はコレ!

製品ごとに色々なこだわりがあるため、全ての飲む日焼け止めにこの成分が必ず入っています!とは言い切れないのですが、大体の飲む日焼け止めには特定の“紫外線によるダメージを軽減”する成分が入っています。

その中でも特に多くの製品に含まれている成分をチョイスして、まとめてみました。

ニュートロックスサン

これは、体内の“活性酸素”を撃退する働きを持つ、有効成分です。

紫外線を浴びると活性酸素が増加してしまうのですが、実は活性酸素が増えると老化が進んで肌トラブルを続出させる原因にもなってしまうんです。

そこでその活性酸素を除去してくれる“ニュートロックスサン”を飲むことで、紫外線の影響を約半分に減らしてくれ、結果的に日焼けをしにくい体質へと変わるようになります。

ローズマリーの葉やシトラスなどから抽出した天然のポリフェノールですので、身体にも安心して取り入れることができる成分とも言えます。

特に国産の飲む日焼け止めにはこの成分が配合されていることが多く、逆に配合されていない飲む日焼け止めサプリメントは日焼け止め効果が薄いという評価も一部でされていますので、ニュートロックスサンが含まれているかどうかは選ぶ基準の一つともなるでしょう。

フェーンブロック(FernBlock)

外国産の飲む日焼け止めに配合されていることが多く、特許も取得されている薬草由来の成分がこちらです。

植物のシダから抽出したエキスを凝縮させているので、紫外線からお肌を守る以外にもアルツハイマーなどの精神的疾患の改善に役立つ他、免疫疾患や喘息などあらゆる病気を治す働きを持つ成分でもあります。

紫外線での光老化は皮膚の細胞を破壊されることにより進んでいくのですが、このフェーンブロックには細胞の破壊を食い止める作用があるので、シミやシワを作らせない強い肌へと導いてくれるのです。

シダという植物はアレルギー反応が出るというデータもありますので完全に安心できる成分ではないのですが、それでも植物由来であることから多くの人に利用されていて、実績も十分にあります。

ハイチオンエキス

日焼け止め効果の中でも、“メラニンの生成を抑える”ことができるのがこの成分です。

身体に蓄積される毒素をスムーズに排出できるよう促してくれますので、シミやシワ予防の他にも肝機能向上などの働きを持っています。

ビタミンやミネラル等数々の栄養素の吸収率を高め、効率的に蓄えられるようにしてくれますので、美容と健康どちらにもアプローチできる成分とも言えますね。

酵母エキスが主成分ですので、皮膚炎や角膜損傷、炎症の出る色素沈着にも優しく作用してくれます。

ハイチオンエキスには“グルタチオン”という成分も含まれており、これは肌の保湿力の向上やキメを整える効果も期待できる成分ですので、かなり幅広い面で役立つでしょう。

飲む日焼け止めの付加成分は何があるの?

飲む日焼け止めサプリメントには日焼け止め効果をもたらす成分だけではなく、あらゆる美容・健康効果を発揮する成分まで満遍なく配合しているものが多いので、見逃せません。

それでは、日焼け止め成分以外に含まれている有効成分についてもお伝えしてまいります。

リコピン

身体の酸化を防ぐことでも有名なリコピンは、多くの飲む日焼け止めにも配合されているようです。

抗酸化作用が、紫外線のダメージを沈めて、若々しいお肌を保つのに役立ちます。

ブライトニングパイン

美白効果もある、セラミド原料の成分です。

お肌の保護機能向上効果や保湿効果もありますので、美肌を目指す方にお勧めですよ。

ペプチド、グルコサミン

皮膚のターンオーバーをサポートする働きを持ち、ヒアルロン酸の生成を促進させてくれます。

潤いキープ力をアップさせてくれますので、乾燥肌の方は特に摂取しておきたい成分です。

プラセンタ

様々なビタミン・ミネラル・アミノ酸が含まれているので、代謝を向上させ健康的な肌へと生まれ変わらせてくれます。

植物系のプラセンタを選べば、アレルギーを回避することも可能です。

ザクロエキス

“飲む女性ホルモン”とも呼ばれており、“エストロゲン”が含まれているため不規則な生活を送る方にも役立つ美肌成分です。

リンゴンベリー

“お肌の漂白剤”という通称があるほどの美白成分です。

抗酸化作用に加えて、メラニン生成をストップさせる効果も持っています。

これらの他にも、
クロセチン、マリーゴールド、グアバ、レモン、バジル、アムラ、セスバニア、カロテンなど炎症を鎮めて肌を綺麗にしてくれる有効成分を配合した飲む日焼け止めが多数開発されております。

毛穴を引き締めて血行を促進させる効果があるからか、様々なハーブを取り入れているものが多いようです。

また漢方的な役割を持つ“ヘスペリジン”は、身体のめぐりを良くする効果がありますので、日焼け対策だけではなく美容のトータルサポートが見込めますよね。

最後に

基本的には、飲む日焼け止めサプリメントは“ニュートロックスサン”を含むタイプと“フェーンブロック”を含むタイプのどちらかに分かれます。

それぞれメリットがある成分ですので、体質に合うかを見極めて上手に生活に取り入れていけるといいですね。

いずれにしても飲み続けるほどに効果が上がるというものですので、長い目で見て体質改善を目指すのがお勧めです。

内側からお肌を保護できる飲む日焼け止め、活用してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-