美容

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違いについて

投稿日:

飲む日焼け止め

サプリメントが世の中に浸透した現代では、飲む日焼け止めと呼ばれるものを利用して紫外線対策をされる方も増加してきています。

しかしやはり紫外線対策で主流なのは塗る日焼け止めで、こちらもスプレータイプや乳液タイプ、ジェルタイプなど様々なものが開発されている最中です。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、どちらか一方だけ使っていれば紫外線対策はバッチリ!と思われている方、それはちょっと危険かもしれません…!

実は両者の日焼け止めはそれぞれ違う役割を持っているため、どちらか一つだけを使用し続けていると効果が半減してしまうこともあるんです。

そこでこちらでは、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めが具体的にどう違うのかについて、ご紹介致します♪

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、最大の違いは…???

塗る日焼け止めは、その名の通り肌に直接塗ってベールを作るものです。

その役割はというと、“紫外線が皮膚に届くのを防止する”のが主となりますので、飲む日焼け止めとは異なるのです。

飲む日焼け止めの場合は、“紫外線を受けたダメージを減らす”のが主な効果となります。

よって、実際に紫外線を受ける量をコントロールする訳ではなく、またSPFやPAなどといった数値で管理され紫外線をカットするという働きもありません。

簡単にまとめると、外からの紫外線対策は塗る日焼け止め、内側からの紫外線ケアが飲む日焼け止め、と言えるでしょう。

なので、どちらか一方だけしか使わなかった場合、外側もしくは内側からの紫外線の負担が身体にかかってしまうので、結局皮膚トラブルが軽減できないケースもみられるんですね。

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めは、使い方も異なります!

両者の良いところを活かして紫外線対策を行うのがベストなのですが、実際に身体のどのあたりにどんな効果が得られるのかを知っておかなくては使いにくいですよね。

例えば、塗る日焼け止めを全身に塗ったとします。

満遍なく塗って完璧!と思いきや、気付いたら目が痛くなってしまったなんてご経験はありませんか?

塗る日焼け止めはここが穴で、目には塗ることができません。

ですが、紫外線はお肌だけではなく目にも届いてしまい、その影響はあらゆる病気に繋がる可能性を秘めています。

UVカットサングラスを着用しても、隙間からどうしても降り注いでしまうもの…。

そこで、飲む日焼け止めの出番です。飲む日焼け止めは身体の隅々にまで効果が浸透して、紫外線の炎症を鎮めてくれるので、塗ることができない場所のケアも可能です。

スプレータイプのものが開発されているとは言え、頭皮にかかる紫外線のダメージは気になることがあると思いますが、その点もキッチリカバーしてくれるので有難いですよね。

また、敏感肌の方は塗る日焼け止めによって湿疹やただれを引き起こすことがありますが、そのような場合効果は弱いけれどオーガニックな塗る日焼け止めにシフトチェンジして、飲む日焼け止めで補うといいでしょう。

例え紫外線カット効果が弱くても、内側からダメージを除去してくれるので、大事にならず済むこともあります。

逆に、飲む日焼け止めにはシダや果物、甲殻類などを配合されていることがありますので、それらのアレルギーを持っている場合は塗る日焼け止めに頼らざるを得ません。

もちろん塗る日焼け止めの中にはそれらのアレルギー成分をほとんど配合していないものもありますが、外国産のものは成分表示も英語で読みにくいと思われる方が多いですので、そうなるとリスクも多少あります。

体質によって、また効果を得たい身体の部位によって、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの種類を考えて組み合わせるのが最も効果的な紫外線対策だと言えますね。

日焼けをする前後で塗る日焼け止め・飲む日焼け止めの使用方法を変えてみよう!

最初から紫外線を浴びる時間が長いと分かっている場合は対策もしっかり行えると思いますが、図らずも紫外線を大量に浴びてしまった場合、焦ってしまいますよね。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めは、どちらも出来れば紫外線を受ける“前”に取り入れた方が効果を発揮しやすいアイテムです。

塗る日焼け止めは紫外線をその場でカット出来ますし、飲む日焼け止めはどの製品も大体飲み始めてから30分経った後に効果が出てきますのでどちらも事前に準備しておいた方が安心ですね。

しかし、対策をし忘れてしまったからといって諦める必要もありません。

飲む日焼け止めは、紫外線を浴びた“後”でも効果を得ることが出来るのです。

紫外線のダメージはもう蓄積されているけれど、有効成分がシミや跡として残る前にブロックしてくれますので、肌トラブルを引き起こしにくい身体へと導いてくれるんですね。

毎日飲むのが一番イイのですが、つい、うっかり!といった日には応急的に飲むようにしてもOKなので頭に入れておいてください♪

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めは、どちらも“追加”が重要!

塗る日焼け止めは、汗や運動での擦れなどで落ちてしまいやすく、何度も塗り直しをする必要があります。

しっかり時間を決めて塗り直しを行えば、ムラのある日焼けにならず、日焼け跡が出来たとしても治りやすいのでこの“追加”作業は非常に重要です。

一方飲む日焼け止めも、“追加”することで効果をアップさせることができます。

飲む日焼け止めの種類によって異なるのですが、紫外線を長時間受けた日や大変強い紫外線を受けた日は、前に飲んだ時間から5時間前後経過した時に追加するのがイイんです。

受けた紫外線量が多過ぎて有効成分が足りず効果が半減…なんてことも防げますので、常に携帯しておくことをお勧めします。

お水さえあればサッと飲めちゃいますので、特に日々の負担にもならないですよね!

念の為、購入する飲む日焼け止めの飲み方をよく確認しておいて、上限を超えないように服用するといいでしょう。

最後に

今までの常識が段々変わりつつあるので、塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、よく知っておかなくては色々と損してしまうかもしれません。

それぞれの役割をキチンと活かせるのは自分のケア次第ですので、毎日の紫外線対策にそこまで満足出来ていない方は今直ぐ試してみると良いでしょう。

併用することが紫外線による光老化をストップさせ、美肌をキープすることに役立ちますので、両方のいいとこ取りをしつつスキンケア力をアップさせてみてはいかがでしょうか。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-