美容

髪の毛をサラサラにする方法にはどんなものがある?

更新日:

髪の毛

女性にとってサラサラな髪の毛は憧れの対象です。

きれいな髪の毛を手にしている人は、一体どのようなケアを行っているか気になると思います。

そこでここでは、髪の毛をサラサラにする方法についてご紹介します。

サラサラな髪の毛はキューティクルが整っている

サラサラな髪の毛はキューティクルが傷んでいない状態です。

キューティクルは髪の毛の表面を覆っているうろこ状のタンパク質で、熱や紫外線などに弱く、すぐに傷んでしまいます。

さらに、このキューティクルは一度傷んでしまうと元に戻すことができません。

日ごろからケアを行っていないと、すぐにゴワゴワな髪の毛に変化してしまうのです。

シャンプー後のケアを考える

きれいな髪の毛というと、シャンプーの種類や方法を連想すると思いますが、シャンプーを行った後のケアも、髪の毛にとっては非常に重要な要素の一つです。

例えばシャンプーを行った後に髪の毛を乾かさないと、頭皮が濡れた状態が長く続き、雑菌が繁殖する可能性があります。

キューティクルを作る上で頭皮の環境は必要不可欠ですので、きちんと乾かすことが大切です。

シャンプーを行った後はドライヤーを使用して、きちんと乾かすようにしましょう。

ただし、キューティクルは熱に非常に弱いので、長時間同じ場所にドライヤーを当て続けないようにしましょう。

髪の毛の乾燥を防ぐ

キューティクルを守る上で大事な要素に保湿があります。

髪の毛は乾燥するとキューティクルが開いた状態となり、ゴワゴワした髪質を生み出してしまいます。

シャンプーの後に使用するコンディショナーは、髪の毛の保湿力を強化するうえで必要です。

サラサラな髪の毛を手にしたいという方は、保湿というワードに着目してみるようにしましょう。

ヘアオイルを活用する

サラサラな髪の毛を手にするためには、保湿が大切と説明しましたが、これはヘアオイルによって強化することも可能です。

ヘアオイルはべたべたして苦手という方もいると思いますが、使用量を調整することで、不快感無く髪の毛になじませることができます。

髪の毛にツヤを加えることもできますので、見た目から美しい髪の毛を作り出すことが可能となります。

一度傷ついた髪の毛は再生することができませんので、サラサラな髪の毛は毎日のケアが必要になります。

特に乾燥は髪の毛にとって大敵となりますので、注意するようにしましょう。

髪の毛をサラサラにする方法を聞いて見ました。

女性のさらさらの髪の毛って憧れありませんか?

くせっ毛もいいですけど、やっぱりサラサラの髪の毛って美しい女性の代名詞のような気がします。

とはいってもそんな髪を手に入れるにはとっても努力が必要ですし、何をしたらいいのかわかりませんよね。

ということで今回は髪の毛をサラサラにする方法にはどんなものがあるのか聞いてみました。

日々のブラッシング、ドライヤーの方法、オイルなどの使い方などのお手入れの方法をみなさん詳しく教えてくださいました。

トリートメントのようなものを付けなければならないものだと思っていましたが、一番重要なのはブラッシングなんだそうです。

簡単なことであなたもきれいな美しい髪を手に入れられるかもしれませんね。

風になびくサラサラの髪って、良いですよね。 私が現在使用しているケラスターゼ・ソワンオレオリラックスは、とてもお勧めです。 半乾きの髪に馴染ませてドライヤーで乾かすと、髪がサラサラになりダメージも気にならなくなります。 オイルタイプですがベタベタしないのが気に入っています。 少々高価ではありますが、期待を裏切りません。
髪の毛をサラサラに仕上げるコツはシャンプーをする前にブラッシングをすることです。ホコリが付いた状態で髪の毛を濡らしてしまうと摩擦で髪がダメージを受けやすいので、濡らす前にしっかりとブラッシングをすることが大切です。また、シャンプーの時も髪の毛を洗うのではなくて頭皮を洗うということを意識して行うと良いです。
髪の毛をサラサラにするには、ブラッシングが効果的です。 ナイロンのブラシは静電気が発生するので、豚毛や猪毛のブラシがおすすめ。 髪の量が多い人は、ブラシの毛が長いものを選ぶと良いですよ。 最初は毛先のもつれをほどくようにブラシをかけ、次に中間、根元をブラッシングします。 最後は根元から毛先に向かって動かします。 ゆっくりと20分くらい時間をかけて行うと効果的です。
髪の毛をさらさらにする方法で今までで一番効果があったのが、ナノイオンのドライヤーの使用でした。噂に聞いていた通り、初めて使用したその日から髪の毛がツルツルでサラサラになり,その効果に驚きました。髪の毛の質も、それまでの固くてごわごわした質感から、柔らかくて滑らかな指通りになったのでとても満足しています。ナノイオンのドライヤーは想像以上にサラサラヘアには効果がある製品だと思います。
髪のダメージを解消しようと思い、オイルやムースを沢山付けているせいか、べた付きが気になります。 そこでお勧めなのが、頭皮クレンジングです。 シャンプーする前に頭皮に馴染ませ、指の腹で優しくマッッサージしてから一度洗い流します。 そして通常のシャンプーをすると、髪は根元から生き生きとして髪もサラサラになります。 天使の輪がきらきらに輝き、笑顔が増えます。
髪の毛に、オイルを付けてから洗えば、髪がサラサラになりました! オイルは髪に良いとされる椿オイルやホホバオイルの他にも、家庭で使っているエキストラバージンオリーブオイルでも大丈夫! 出来れば根本には付けないよう、主に毛先に付け、優しく刷り込むように揉みます。 ゴシゴシすると髪が傷んでしまうので、あくまでも優しく! そのままシャンプー、リンスといつものように洗髪するだけで、乾かすとびっくりするくらいサラッサラの髪になりました!!
よく髪の毛がパサついて広がってしまいます。 シャンプー後によくタオルドライをし、オイルトリートメントを髪全体になじませます。 するとドライヤーをしてもオイルがバリアになり、熱から守ってくれます。 そのため傷まずパサつきが収まります。 乾燥した状態でもオイルトリートメントはとても有効で、しっとりサラサラな髪の毛を維持してくれます。
髪の毛をさらさらにするのに一番効果的な方法はブラッシングすることです。髪の毛は絡ませてしまうと摩擦でキューティクルが剥がれてしまったりしてよくありません。そのためにブラッシングするのです。シャンプーする前にもブラッシングすると尚良いです。そして、ブラッシングするためのブラシは獣毛を使った天然毛ブラシがおすすめです。梳かすたびに潤い、さらさらになります。
ヘアカラーをするようになってから髪の毛がバサバサになり、トリートメントを使わないと手櫛すら通らないほど髪の毛が傷んでしまいました。 シャンプー・リンスの後にトリートメントでケアするのも時間がかかって面倒だし、手軽に髪質改善できないかな?と思い、色々と試してみました。 ハンドクリームなど何種類か試してみた結果、傷あと・やけどあとに塗るクリーム(アットノン)が保湿に優れていて、髪がサラサラになりました。 手の平にクリームを伸ばして、毛先から薄く全体に揉み込んでいくとうまく馴染みます。 サラサラでまとまりやすくなるし、ツヤも出て、髪に自信を取り戻しました。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-