恋愛

恋人たちを襲う「魔の3年」。倦怠期を乗り越える秘訣とは?

更新日:

恋愛

付き合い始めのころはラブラブな二人も、多少なりとも倦怠期を迎えます。

デートしてもイマイチ盛り上がらなかったり、メールやLINEの返信をめんどくさく感じるようになってしまいます。

相手にドキドキすることを忘れてしまい、最悪の場合、別れにつながってしまうことも・・・

恋人たちがこのような倦怠期を迎える時期は、ある程度決まっています。

それが世に言う「魔の3年」です。みなさんも一度くらい耳にしたことがあるのではないでしょうか?

実はこの「3年」の期間には、理由があります。

今回は、倦怠期を迎えてしまった恋人に贈る、倦怠期を乗り越える3つの秘訣をお伝えします!

「魔の3年」はどうして訪れるの?

人は恋をすると、「フェネルチルアミン」という脳内物質を分泌します。

この物質は、好きな人を見るとドキドキしたり、好きな人を思うと食欲をなくさせたり、いわゆる「恋わずらい」の状態を作り出します。

付き合い始めた恋人が、お互いにドキドキしてしまうのは、この物質の作用です。

しかしこの物質は、3か月たつころから分泌が少なくなり、ドキドキする作用もなくなってくるのです。

さらに3年たつと、フェネルチルアミンの分泌は止まってしまいます。

分泌が止まってしまうと、恋人を見てもドキドキすることがなくなり、恋する気持ちが薄れてしまいます。

そんな状態では、相手のことを好きかどうかも分からなくなり、倦怠期におちいってしまう、という仕組みになっているのです。

「魔の3年」に負けない!倦怠期を乗り越える3つの秘訣

フェネルチルアミンを分泌するものを食べる

チョコレートを食べると恋をしているかのように高揚したハッピーな気分になる、という話を聞いたことはありませんか?

チョコレートの原料であるカカオには、フェネルチルアミンを分泌する作用があるのです。

また、アーモンドにも同様にフェネルチルアミンを分泌する効果があります。

デートの際には、チョコレートやアーモンドを使ったデザートを食べてみると、恋人に対するドキドキを取り戻せるでしょう。

恋愛映画を観る

恋愛映画を観て恋をしているような気分になると、実際に恋愛しているようにフェネルチルアミンが分泌されます。

いい雰囲気のシーンを見ると、テンションが上がって気分が盛り上がりますよね。

マンネリを感じたら、恋人とのデートにはぜひラブラブな恋愛映画を観に行ってください。

見終わったころにはフェネルチルアミンが分泌され、映画の主役のようなラブラブのふたりに戻れるはずです

3年ごとにイベントを計画する

フェネルチルアミンの分泌が止まってしまう3年ごとに、恋人と特別な旅行に出かけたり、高級なレストランに行くなどのイベントを計画して、マンネリにならないように刺激を与えましょう。

マンネリは恋愛の大敵です。

倦怠期は、マンネリが原因でも発生します。

いつも同じようなデートになって飽きてしまわないよう、記念日に食事をしたり、旅行をしたりして、お付き合いにメリハリを持つのです。

いつもと違う雰囲気の恋人に、きっともう一度恋をして、フェネルチルアミンの分泌が始まること間違いなしです。

最後に

倦怠期を感じているあなた、どれも効果は抜群で難しいことは一切ありませんので、ぜひ試してみてください。

しかし、これはどの恋人たちにでも効果があるというわけではありません。

「ずっと一緒にいたい」と、心からお互いを愛している恋人たちにしか効果がないのです。

この「ずっと一緒にいたい」という気持ちを持ち続けること、実はそれこそが、倦怠期を乗り越える最も有効な秘訣なのかも知れませんね。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-恋愛
-