美容

産後に使うバストアップブラについて

更新日:

ブラ

授乳中、授乳後に使うバストアップブラについて

妊娠中に胸がハリ始めたと思ったら、産後あっという間に形が変わってしまったという女性は多いです。

一度形が変わったバストを元に戻すには努力が必要で、また形を極力変えない工夫をすることで授乳中・授乳後でも美しい状態をキープすることができます。

そのために、バストアップブラが非常に役立ちます。上手くいけば、授乳中に大きくなった状態のままのバストをずっと保ち続けることも可能です。

こちらでは、大変な出産を経験したその後更に女に磨きを掛けたい方にお勧めの、バストアップブラを利用した美バストキープ方法をご紹介致します。

出産後、バストアップブラはいつ頃から使用したほうがいいの?

基本的に、産後直ぐ使用することが望ましいです。バストを保湿することに加え、乳腺が発達してきて形が変わりやすい時期なので、自分のサイズに合ったものをできるだけ早く用意しましょう。

産後1ヶ月に関しては、ノンワイヤーのバストアップブラがお勧めです。締めつけを感じさせず、乳腺を傷めないので授乳に影響を及ぼしづらいです。
しかし産後1ヶ月はデリケートな時期でもあるので、着用時に違和感が無くならない場合は授乳用のブラを使用し、1ヶ月検診で産婦人科の先生から健康に問題無いと言われてから使用の検討することをお勧めします。

それから産後3ヵ月程度経過すると、授乳のリズムができてきてバストのハリが減少する傾向にあります。
半年から1年ほど経つと、断乳(卒乳)を挟むこともあり人によっては出産前後のバストサイズより2カップ以上下がっている場合もあります。

母乳で育てようと決心した方は、こまめにサイズを測りなおしてその時々に合ったバストアップブラを購入することで効果を常に実感することができますので、まめにチェックを行いましょう。

授乳中・授乳後も出産前のブラで対応してしまうと、サイズの変化から体系の崩れや圧迫感など様々な弊害をもたらすことが多いです。稀にサイズが全く変わらなかった、という方もいらっしゃいますが、垂れ下がって形が変わっていることもありますので安易に産前のブラを着用しないように気を付けましょう。

授乳中・授乳後のバストアップブラの選び方は?

まず授乳中ですが、授乳を楽に済ませるためにノーブラで過ごすのは絶対に厳禁です。バストを支えるものが何もない状態だと、下がっていく一方なのです。

授乳中にお勧めなのは、素材が肌に優しく、前が空くタイプのバストアップブラです。左右に分かれるものもあり、授乳の際に手間を取られずに済みます。

授乳中のデリケートな乳首周辺を保護するために、化学繊維を使用してない柔らかいものを選ぶと安心して続けられます。

それでも昼間の授乳に差し障るようでしたらせめて夜だけでもナイトブラを着用して、ストレスなくバストアップにアプローチできるように工夫しましょう。

授乳中専用のバストアップブラは、ストラップやアンダーバスト部分がストレッチ素材になっておりパッドも取り出しやすくなっていることが多いです。しっかり脂肪をホールドし、授乳を経て変わりつつあるバストに対応できるようアジャスターが3〜4段階切り替えられるようになっているものをセレクトするとより長く着用することができます。

授乳期間が終わった後は、ワイヤー入りでよりしっかりと脂肪を集められる形状のものを選ぶと効果を得やすいです。

日本人に多い楕円体系の方は、アンダーバストのサイズをワンサイズ上のものにし、ホックを一番内側にすることでカップがバストにフィットしやすくなる場合があります。またパッド入りのものだと、大きめサイズが丁度良い、というケースもあります。

サイズは重要ですが、サイズだけが全てではないので体系に合っているかも考慮することが大切です。

マタニティ服・授乳服を販売しているメーカーでインターネットからも簡単に注文できますので、ぜひ自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

授乳中・授乳後に用いるバストアップブラの付け方は?

授乳を経験された方は、バストアップブラの着用方法が通常と少し異なります。

それは、乳首の向きです。授乳は乳首を下向きにして頻繁に行うので、そのままバストアップブラの中に仕舞ってしまうと下垂したバストができあがる恐れがあります。

授乳が終わったら乳首を上向きにしてからバストアップブラの中に入れることが、綺麗な形をキープする秘訣です。
断乳(卒乳)後の方は既に乳首が下向きに変わっていることがありますので、より意識して戻していきましょう。

他は大体普通の時と同じ着用方法ですが、母乳パッドを用いている方はその分を考慮した少し大きめのバストアップブラを付けて、脂肪が流れないように注意しながらケアすることが望ましいです。

授乳中・授乳後にバストアップブラと合わせて行いたいケア方法は?

産後1か月以内はまだ授乳のリズムができておらず、身体の回復を優先した方が良いのでバストアップ運動やクリームの使用は控えておくことを推奨します。

1か月以上経ったら、無理のない範囲で取り入れていきましょう。

まずバストアップ運動・体操です。四つん這いの状態で手の平を下方向にグッと5秒間押す運動は、母乳の出を良くするだけではなく形を正常な位置に戻す効果があります。1日5セットほど時間がある時にトライしてみてください。

頭の上で両手を組み、左右前後に背伸びをするようなイメージでストレッチを行う方法もあります。バストが柔らかくなり、バストアップブラの効果を高めることができる体操です。

座ったままでもできるのが、肘で身体を支えつつ後ろに反らして胸を張るポーズです。猫背を去勢して、綺麗な上向きバストを作れます。

完全に母体が回復したら、腕立て伏せや足踏み運動を取り入れることで胸のラインを美しくキープすることができるので、体調に合わせて始めてみてください。
バストアップクリームですが、授乳中は勿論のこと断乳(卒乳)後でもお子さんが触れる可能性があるため、子供の口に入っても大丈夫なナチュラル素材のものを使用することが重要です。

皮膚や靭帯が伸びて萎むのを防ぐためにも、バストの乾燥対策は非常に大切です。またそれに合わせてマッサージを行うことで、バストアップブラとの相乗効果を得られます。お風呂上りの日課にしてみてはいかがでしょうか。

バストアップサプリメントですが、授乳中の方は赤ちゃんに母乳として流れる副作用などのリスクが大きいため、お勧めできません。
なるべく断乳(卒乳)後に取り入れるようにし、またハリによってバストアップブラがきつくなってしまったら量を調整するかバストアップブラのサイズ変更を行うなどして対応しましょう。

垂れて萎んた授乳中・授乳後バストを即座に大きくするには?

バストアップブラには種類があり、育乳効果の高いものと直ぐ大きく見せることに特化したものがあります。

産後が露出の多い夏期に当たり、バストアップの効果を今直ぐにでも得たい、という方は後者を選んでください。

具体的には、バストを下方から持ち上げることができる“ハーフカップ”のもの、また中心に寄せて谷間を作りやすくパッドも入れやすい“3/4カップ”のものがお勧めです。

バストトップが上がって見えるので、自然な若々しいバストに補正することが可能です。

萎んでしまったバストを戻すには?

授乳期間を終えると、乳腺が一気に縮んでしまい産前よりもサイズダウンすることが多いです。

そんな萎んでしまったバストをバストアップブラで元に戻すには、“手ごろな価格のものを頻繁に変える”ことで効果を維持することができます。

高級なものも使用感は良いですが、サイズが変わったときについ値段のことを考えて無理やり使用しがちです。
バストアップブラは消耗品であることをよく理解して、萎んだバストに脂肪を集められる適正サイズのバストアップブラを常に用意しておくことが大切です。

またリンパを刺激する振動を加えるタイプのものもありますので、バストアップの過程で必要に応じて徐々に揃えていきましょう。

最後に〜

バストサイズは大きく分けて、妊娠前、妊娠中、産後授乳期、断乳(卒乳)後で微妙な変化を見せます。

特に授乳中は母乳の出具合や体調が影響し、日によってもサイズが変わることがありますのでバストアップブラを着用し続けることが難しくなるケースもあります。

母乳が漏れてブラを何回も変えることも多いですし、ワイヤー入りとワイヤー無しのバストアップブラに加えて授乳用ブラを数枚用意して時間帯によって使い分けるとストレス無くバストアップに励むことができるでしょう。

ココがおすすめ

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-