美容

ボディコロンと香水どちらを使っていますか?香りは?

更新日:

ボディコロンと香水の違い

今やエチケットの一つでもある「香り」

最近では、オリジナルの香水が作れるなど、自分だけの香りにこだわりを持つ方が多いようです。

他人に自分を印象付けるという意味でも香りはとても良いのだそうです。「あの子はこの香りがしたな」というように、脳にインプットされることで相手の記憶に残りやすいと言うわけです。

ひとくくりに香水と言っても、実は大きく分けて4種類存在します。濃度や持続時間の違いを見て行きましょう。

濃度や香り・持続時間が違う

俗に香水と呼ばれるものは、下記の「パルファム」や「オードパルファム」に位置付けされます。香りが広がり、一度つけると半日近くは持つので生活シーンに合わせて使い分けて使用すると良いでしょう。

・パルファム/濃度15~25%/5~12時間
最近は見かけなくなりましたが、香りも強めが多いです。価格は数万円と高級です。

・オードパルファム/濃度10~15%/持続時間5~12時間
一般的に使用されている高級な香水はこのタイプが主流です。

・オードトワレ/濃度5~10%/持続時間2~5時間
こちらも一般的に使用されているタイプです。ブルガリプールオムやクロエローズ、ロクシタン等もこのタイプになります。

・オーデコロン/濃度2~5%/持続時間1~2時間
ボディコロンやボディミストと呼ばれるものは比較的オーデコロンに近いタイプと言えます。持続時間は1時間程度、ほのかに香るイメージです。

付け方が違う!

皆さんは香水の付け方を意識していますか?

香水には香りの強弱があることから、付ける部位や付け方により香りを調整しなくてはいけないようです。

誤った付け方をすると、せっかくの居心地良い香りが、返って不快な印象を与えてしまいます。

香り一つで、良くも悪くも印象をガラッと変えてしまうので、使用する際は十分注意しましょう。

香水の一般的な付け方

・パルファムは点
香りが強いので1滴でも十分効果があります。点をイメージして付けるのが一般的です。

・トワレは線
スプレータイプが多いので線は難しいかもしれませんが、あくまでもイメージです。2プッシュを引き延ばして使用すると良いでしょう。

・コロンは面
香りは弱いので、ミストタイプなら全体的に振りかけるイメージで使用できます。イメージは面です!あまり近すぎず10センチ以上離して使用して下さい。

香水はどこに付けると効果的?

香水を付ける部位は人により様々です。

特別決まってはいないものの、付ける場所により不快感を与えてしまう程、香りが出やすくなります。

参考までにどうぞ!

【OK部分】
手首/肘/うなじ/背中

【NG部分】
頭髪/耳裏/脚/脇/陰部

香りの種類

・シトラス系
柑橘系の爽やかな香りで、男女兼用が多いのもこのタイプです。

・フローラル系
ローズなど花をブレンドした香料を使用しています。

・フルーティ系
甘すぎずさっぱりしているのが基本。コロンに多い香りです。

・オリエンタル系
セクシーさを演出できる大人の香りと言われています。好き嫌いがはっきり分かれる香りです。

ボディコロンと香水は使い分ける!

ボディコロンと香水は使い分けをしている女性が多いようですね。

職場にキツイ香水をつけていくと同僚や客先に不快感を与えてしまうことも!

こういう時こそ、ボディコロンが役立つようですね。

付けすぎに注意しながら自分らしい香り選びを楽しんでくださいね。

唇のラップパックって本当に効果ありますか?

ボディコロンと香水使い分けていますか?

みなさんは、普段から香り物を付けたりしますか?

付ける場合、ボディコロン・香水どちらを使用するのでしょうか?

そして案外、違いが分からないと言う方も非常に多くいらっしゃいます。

まず、香水と言うのは一つの枠として、パルファム→トワレ→コロンの順となっております。

大体の方は、パルファムを香水として呼んでいる事と思います。

そして、違いは濃度の濃さ(香りや持続性を表す)です。

あまりいつまでもプンプンと香るのが嫌な方は調整しやすいコロン、何度も吹き付けるのが面倒だったり常に香っていたい方はトワレやコロンを使用すると言う感じではないでしょうか?

香水の方を使ってます。ボディコロンの方が匂いの継続が低いと思うので、香水を使ってます。 しかし、香水の匂いは強いので、どこにどのくらいつけるのかが重要だなと思います。 毎朝、腰の位置あたりに2プッシュしてます。 そうすると通り過ぎた時にふわっと香り、自分自身も付けてるのか分からないくらいの匂いになり、周りに不快感もありません。

私は昔から香水を使っています。コロンは使ったことがありません。今使っているのは3年前からお気に入りのエスカーダの「incredible me」というオー・デ・パルファンです。甘くて女性らしい香りが好きで使い続けています。ヴァニラ系のものと迷いましたが、甘すぎると印象が重くなるので結局ずっと同じものを購入しています。
ボディーコロンと香水は使い分けています。 ボディーコロンは、どうしてもさっぱりとした香りですし、時間が短いので、何度も時間をあけて付けないと香らないし、逆に香水は、少しきついですが、長い時間持続するので、仕事中なら、何度もつけられないので香水という風にです。 あとは、スポーツをするときにも、ボディーコロンにして、きつすぎない爽やかな香りを選んでいます。
いつもよりおしゃれをして出かけるときに、香水を使っています。 香りは、クリスチャンディオールの「ジャドール」。生れてはじめての海外一人旅でニューヨークに行ったときに、店員さんにすすめられたのをきっかけに、この香りが自分の定番になりました。 今でも、あの旅で見た景色や一人で飛行機に乗ったときの気持ちを、香水の香りが思い出させてくれます。自立心や責任感、しっかり自分自身を持って生きて行こうと奮い立たせてくれるイメージの香りです。
ボディコロンの方を使っています。香水だと物によるのかもしれませんが、長続きする分、ちょっと香りのキツイイメージです。個人的にほのかに香る香りは好きなのですが、エレベーターなど密室でいかにもという香りを嗅いだ時は嫌な気持ちになりますので、相手にも同じ思いをさせないようにボディコロンです。手軽に色んな所にも付けられるのもいいですよね。
香水とボディーコロン、どちらを使ってるか?それは今はボディーコロンを使っています!保湿の役目もあると聞いたことがありますし、匂いもきつすぎないところが気に入っています。しかし欠点は香水より匂いの種類が少ない気がしますね・・・そして匂いの持続が短い!夏など汗のかくときは2時間もつかもたないか、香水の方が好きなのですが時代が変わってきてるのであまり使わない状況です。
私はバラの香りのする香水を使用しております。香水の方がボディコロンよりも香りの持続性が高いと考えております。朝、香水をほんの一拭き首元と耳の後ろにつけるだけで一日中香りが漂うので、コストパフォーマンスも香水の方がお得であると実感しております。女性らしさを漂わせる為にバラの香りがする香水を愛用しておりますが、とても癒やされる心地よさがあります。
私は香水を使います。それは香りが長持ちするからです。仕事が忙しい時にはなかなか香りを付け直すことが難しいために、香水の方が良いです。時間が経つにつれて、香りが変わってくるのも気に入っています。午前中はフレッシュな香りで頭をスッキリさせ、効率的に仕事を済ませます。午後になるとしっとりとした落ち着いた香りになるので、それを気分転換にしながらゆったりと仕事ができます。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-