美容

口紅に使用期限があるのを知っていましたか?

更新日:

唇パック

ポーチに眠ったままの口紅をあなたはどうされていますか?

実は口紅にも「消費期限」が存在します。ほとんどの口紅がパッケージに期限が記されていないため、気にせず使用している女性が多いのではないでしょうか?

消費期限とは、もちろん皮膚に負担を与えず安全に使用してもらうために薬事法で義務付けられています。大体は3年以内に品質が変化しやすい商品に限り、期限を記載するという条件があるようです。

ですから、口紅の使用期限の目安は「約3年」となるわけです。

これは未開封の場合なので、開封済みの口紅は空気に触れることで酸化しやすく寿命は「1年~2年」と言われています。

使わなくなった口紅はどうする?

古くなった口紅は油系やロウソクのニオイを発生する場合があります。

ここまで来たら迷わず捨ててしまいますが、好きで購入したモノを捨てるなんて抵抗がありますよね。早い段階で使用しなくなった口紅は、工夫一つで「練りチーク」として再利用出来るようですよ。

ネット上で紹介されていたので作り方を軽く紹介しますね。

用意するものは、「ワセリン」「パレット」「使わなくなった口紅3つ」。ワセリンは200円~パレットは自宅にあるフタがついた容器であれば何でも可能です。

パレットに少量の口紅とワセリンを取り、ひたすら混ぜるだけ!ですが、綿が混入してしまうため綿棒の使用だけは避けてくださいね。リップブラシまたは直前に手の甲で作られる方は指で作るのもオススメです。

口紅の正しい保存の仕方

口紅を少しでも長く使用するためには、保存方法も大切ですよね。

キャップの閉め忘れや温度を気にせず、その辺に放置している方は要注意。口紅は使用上の特別な記載がある場合を除いては「常温」が適しているようです。

よく化粧水を冷蔵保管されている方を見かけますが、それは品質管理上全く問題ありません。ですが、口紅を冷蔵保管してしまうと、いざ使用する時に温度の変化で品質が悪くなってしまうのです。

夏場は口紅が溶けやすいから冷蔵保管すると言うのは誤解で、正しくは「常温保管」になります。高温や湿気、さらに急激な温度の変化にも弱いので、常温で一定の温度を保てる引き出しがオススメのようです。

 

口紅とグロスどちらを先に塗っていますか?

口紅を塗ってからグロスが基本?

リップメイクをする時、あなたは口紅とグロスのどちらを先に塗りますか?もちろん使い勝手や好みがあると思います。

たかが口紅とグロスですが、順番を変えるだけでいつもの唇に変化を与えて、見た目を大きく変えることが出来ます。

口紅は唇を色付けするもので、グロスは立体感や艶を与えるもの。それぞれ役割が違います。一般的なメイク順を見ると、口紅→グロスの流れが基本ですが、そもそもメイクに正しい順番は存在しません。

グロスのべたつきが気になるので、口紅から塗ると答える女性が圧倒的に多いです。ですが、仕上がりがよく自分に合っている方法なら、基本を無視してメイクをするのはありです。

グロスを塗ってから口紅すると何が違う?

グロスはマットな印象を与えるせいかナチュラルで優しい雰囲気づくりが出来ます。メリットは以下の3つ。グロスを先に塗ることで口紅の色を調整することも出来ますよ。

  • 艶感が増す
  • 縦ジワカバー
  • 潤いで唇の荒れを防止

グロスオンリーもオススメ!

女性の中には、口紅を使わずにあえてグロスのみでリップメイクをする方もいます。

口紅を塗る程のメイクではないですが、そのままの唇は他人に見られたくない!そんな時、グロスはかなり重宝します。

色づきのグロスも良いですが、透明なグロスは年齢を問わず使用出来るので、1本常備すると大変便利なアイテムです。

ただし、恋人がいる方は注意。男性には、グロスのベタベタが嫌いでキスをしたくないと思う方も多いようです。

グロス・口紅は必ずティッシュオフすること!

昔と比べて、グロスや口紅も進化しています。薄付きなのに保湿力があるアイテムがたくさんあります。

商品の特徴にもよりますが、軽くティッシュで押さえることで仕上がりがキレイに見える場所があります。不要な油分をほんの少し落とすだけで、口紅の色持ちや光沢が良くなるんですね。

それだけではありません!リップメイクを念入りにすると、必ずと言って良い程、唇の内側や口角付近に白い粘着物質が付着しませんか?実はこれを結構気にしている女性が多いんです。

<白い粘着物質が付着する原因>

  • リップや口紅、グロスの塗りすぎ
  • 口が乾燥している
  • 水分不足
  • 噛み合わせが悪い

口紅やグロスは、唇をキレイに仕上げるためには欠かせないアイテムですが、塗りすぎは禁物。ティッシュで軽く押さえてあげると、かなり改善されるのでお試しください。

口紅とグロスの順番は特に決まりはありません。使用感やメイクの仕上がりを意識して上手に使いましょう。

 

リップブラシで唇がキレイに見える!?

リップブラシを使わないで、リップメイクする方も多いですが、リップブラシが存在しているキチンとした理由があります。

リップブラシを使用することで唇の輪郭に沿って描けるので、口紅のノリや仕上がりが断然違うんですね。

唇が薄くてボリュームを出したい女性は特に、直塗りよりもリップブラシやリップライナーでラインを描く方が境目をハッキリさせることが出来ますよ。

リップブラシで知りたいこと

① 至近距離で見た目に差が出る

リップブラシを使っている女性は、口紅を厚塗りしなくても口紅の色が映えてキレイ。しかも、凹凸がなく、滑らかな唇になります。

逆に直塗りをしていると、輪郭がぼやけて口紅の色にムラが出来てしまいます。唇の中央は、口紅がしっかり塗られているのに、口を開けると口角付近が全く塗られていないなんてこともあります。

これでは、口元周辺がだらしなく見えてしまうので損をしてしまいますね。

② リップブラシの選び方

人それぞれ好みがありますが、使い勝手が良いのは「平筆タイプ」になります。口紅がまんべんなく筆に着くので、角を使いながらキレイに輪郭を描くことが出来ます。

価格は500~1000円前後。毛質にこだわった高価なものもありますが、低価格の購入しやすいリップブラシで十分です。

③ リップブラシは水洗い不要

リップブラシは、たまに水洗いをした方が良いのでは?と思いますよね。

中には清潔さを保つために定期的に水洗いしている女性も多くいるでしょう。リップブラシは、何より乾燥が基本なので、使用後は口紅を「ティッシュを拭き取る程度」で良いそうです。

水気や湿気は必ず菌が繁殖する環境になってしまうので、かえって不衛生になる場合があります。水洗いをする場合には、水気が完全に切れて乾いた状態を確認してからキャップやノズルを閉めるようにしましょう。

リップブラシの寿命は「数ヶ月~数年」と比較的長く使用出来ますが、毛質がボロボロになった筆では、唇の仕上がりもイマイチなので、惜しまずに買い替えましょう。

寒い時期にはリップクリーム温めてから使ってますか?

危険!?ひまし油が含まれているリップクリーム使ったことありますか?

 

口紅に使用期限があるってこと知っていたか聞いてみました。

女性にとってメイクやコスメなどの美容系商品は楽しみや趣味のようなもの。

ドラッグストアやデパートへ行けば、ついついコスメコーナーに立ち寄ってしまいがちですね。最初は買う気がなくても、「これ可愛い!キレイ!」と思ったらつい手に取ってしまいカゴに入れてしまうことも多いですよね。

コスメをたくさん所持していることに優越感を感じつつも、ちょっと冷静になった時に「これって全部使い切れるかな?」と思ったこともあると思います。

そして、案外知られていない「口紅の使用期限」。

腐るわけではないから大丈夫!と言うのは、大きな勘違い。早く使ってしまわないとお肌に影響を与えることもあります。

今回は、みなさんに「口紅に使用期限があることを知っているか?」聞いてみました。

口紅に使用期限があるというのは初耳です。 私は常時2~3本の口紅を常備していますが、口紅がなくなったり、もうこの色は使わないなと思った際に捨てるようにしています。 高級な口紅を買ったら、普段なかなか使わないので減らず、3年以上経過してしまうこともあるので、そういう場合は、色と臭いでまだ使えるかを判断します。
口紅に使用期限とは全く知りませんでした。口紅は季節ごとに新色が出たりして、購入してしまいます。新色だったものがいつの間にか貯まっています。2年後くらいに口紅の匂いを嗅ぐと、新品の時とは違う良くない匂いがします。その時はもったいないですが、使うのをやめます。
パッケージに使用期限がある場合は、それを参考に使い切るようにしますが、開封すると油分が含まれている商品なので酸化してしまいます。 使用期限以内、もしくはその記入がない製品の場合は、使う前に酸化したような匂いがするようであれば破棄するように心がけています。

口紅に使用期限があることは知りませんでした。 スティックタイプであれば、乾燥することもないかと思いますが、万が一、口紅の役割を果たさなければ、さよならすると思います。逆に、試供品でもらうようなコンパクトケースに入っているものであれば、乾燥しやすいと思うので、一度唇に付けてみて潤わないようであれば捨てます。

期限があるのを知りませんでした。 普段あまり口紅を使わないので中々なくなりません。 1年ほど使ったり、ちょっと乾いたり形が崩れてきたら新しいものにかえたりしています。 使い切れないまま色に飽きて処分することも多いです。

口紅やグロスってどうしていますか?

あなたはリップメイクで口紅とグロスどちらを先に塗るでしょうか?

というよりも、「どちらを先に塗るか」と言うことを考えたことがあるでしょうか?今は口紅とグロスを兼ねているものも存在し、口紅だけでもグロスを塗ったような艶が出るものもありますね。

しっかりとメイクをしたい方は、口紅とグロスをどちらも使用している方も多いはず。グロスを後に塗った方が艶感はとても出るはずですが、ベタベタな使用感になりますよね。

逆なら艶感は控えめになってしまいますが、ベタベタ感は抑えられるはず。

今回はみなさんに「口紅とグロスどちらを先に塗っていますか?」と言う質問をしてみました。参考にされて見てくださいね!

最近はつやつやになる口紅が多いので、口紅だけ塗ることが多いですが、口紅とグロス両方を塗る場合は口紅→グロスの順番です。マニキュアと同じ原理で色を塗ってからトップコートで仕上げると言った感じです。グロスから先に塗ってしまうと口紅の色が定着せずすぐ落ちてしまうような気がします。
私はグロスしか塗りません。 どうも、口紅を塗ったあの感じが苦手ということと、私は唇自体が厚めなので、口紅を塗って、強調したくなかったので、グロスだけにしています。 また、メイクもそうなのですが、ナチュラルが好きなので、口紅を塗りません。
結論は、グロスより先に口紅を塗ります。 ただ、私は口紅より先にまずは薬用リップを塗っています。 もしグロスを先に塗ってしまったら、口紅を塗るときにぼやけてしまいます。 しっかり筆で口紅をぬってから、上にのせるようにグロスをおいていきます。
口紅とグロスは最近では高機能な商品も増えてきて、一本で兼ねる商品もありますがツヤ感をよりだしたいときや、色を濃くしたいときなど、やはり別々に使いたいもの。 そこで迷うのが、塗り方の順番ですが、私は、口紅からグロスの順にしています。 先にグロスを塗ってしまうと落ちやすいのと、色のコントロールがしにくいのが理由です。
私は、口紅を塗ってから、グロスを塗るようにしています。逆にグロスから塗るという人が信じられません。グロスから塗ってしまうと、口紅にグロスのテカテカが移ってしまい、口紅の持ちが悪くなってしまうからです。
基本的には普段はグロスのみを使っていますが、両方使う場合は?口紅?グロスの順です。 理由は、その方が発色が良く、持ちもいいと思うからです。 口紅の方が硬いので、グロスを先につけてしまうと、うまく唇に馴染まないです
普段は薬用のリップクリームとグロスのみ塗っています。 口紅を塗ると必ず唇が荒れてしまうので塗れません。 グロスもオルビスの刺激の弱いものを使っています。 グロスのみだと発色が弱めですが、少し濃いめの色を選んで塗っています。
口紅を塗ってからグロスを塗るようにしています。 グロスを購入する際に、化粧品の販売員さんから「口紅を塗ってから、グロスを塗った方が、唇がプリプリとした印象になりますのでオススメですよ。」というアドバイスをいただいたため、そのようにしています。
口紅を先に塗っています。 グロスを塗ってから口紅を塗るとなじまないと気がするのでそうしています。 口紅は先にしっかり塗ってグロスは軽く薄くおくようにしてなじませています。 あまりたっぷり唇にのせないように潤って見えるくらいです。

 

唇マッサージしてますか?効果を感じますか?

唇のラップパックって本当に効果ありますか?

普通に唇ラップパックするのと蒸しタオル使うの違いありますか?

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-,