子供

子どものワキガ高校生になったら手術しても大丈夫?させますか?

更新日:

子供のワキガの手術

子どものワキガは、大人のワキガよりもケアが大変です。

小学生や中学生のうちは、デオドラントをこまめに使ったり着替えを持ち歩くなど、自分で臭いケアをすることがなかなか難しいでしょう。

そのくらいの年齢では、せっかく痛みを伴う手術を受けさせても効果がありませんが、高校生になると手術ができるようになるのです。

ワキガで悩む子どもを持つ親御さんは、子どもが高校生になったら、ワキガの手術を考えますか?

小~中学生のうちは、ワキガ手術をしても無意味!なぜ?

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、第二次成長期である小学校中学年~中学生のころに発達します。

そのため、ワキガ体質の子どもは、早いとこのころからワキガの臭いが強くなってくることがあります。

臭いはいじめや仲間外れの原因になることもあり、思春期に「臭い!」と言われることで心が傷付いてふさぎこんでしまうことも。

このような心配から、早めに手術をしてワキガを治そうと考える気持ちもわかりますが、アポクリン汗腺が発達している時期の途中で手術を行っても、アポクリン汗腺は再び発達を始めます。

ワキガの手術をしたのにまた臭いがするようになった、という話もよく聞きますが、アポクリン汗腺は再生力が強いので、少しでも残っているとそこから再発達したり再生するのです。

ワキガの手術は、ワキの皮膚を切開して、目視でアポクリン汗腺を除去していきます。

メスが入るので、傷跡が多少残ったり、強い痛みを伴います。せっかくそんな思いをして手術をしても再発するなんて、なおさら可哀想ですよね。

高校生になれば、第二次成長期もすぎ、アポクリン汗腺の発達もおさまります。どうしてもワキガの臭いが気になる場合は、高校生になってから手術を考えるといいでしょう。

高校生になったら手術をする?しない?

子どもがワキガのママさんたちに、子どもが高校生になったらワキガの手術を考えるかどうか聞いてみたところ、多くのママさんたちが「子どもと相談して手術を受けさせるかどうか決めたい」という考えをお持ちでした。

親心としては、ワキガの臭いのせいで子どもが不憫な思いをするんじゃないかと心配して、手術を受けるのがいいと考えているようですが、痛みを伴う手術が何度も続いたり、傷跡がのこることもあったりと、デメリットもきちんと理解してから受けてほしいと思っているようです。

一方、費用や痛みのせいで大変な思いをさせるので手術は勧めない、という意見もありました。必ず治る、というわけでもないのに無理をさせたくない、自分で考えて必要なら自分で決めればいい、という理由から、子どもにワキガ手術は勧めないとのことでした。

最後に

ワキガ手術を勧めるか、勧めないかの意見はほぼ半々に分かれましたが、どちらの意見も、子どもの心情や体のことを第一に考えての考えだということがわかりました。

高校生にもなればある程度は自分で判断することができるので、本人とよく話し合って、手術のメリットとデメリットをよく知った上でどうするかを考えるのが、子どもにとって一番いい選択肢なのかもしれません。

手術は15歳以上になってから!知っているか?ママに聞いてみました。

ワキガの一般的な手術の治療は、大体15歳以上の病院が多いと言われています。

けれど、最近は小学生くらいからでも手術出来る病院が増えてきているようです。

ですが、ワキガの手術はアポクリン汗腺が成長しきっていないと新しいアポクリン汗腺からワキガが発症したり、再発するためあまり低年齢の手術はおすすめできません。

手術がおすすめ出来ない理由は身体的な負担も含め他にもたくさんあります。

ですが、クリームなどのケアだけでは足りず、再発したとしても!ある程度のリスクを背負ってでも!ということも当然あるでしょうね。

ワキガで悩んでいる子どもがいたら手術させますか?子育て中のママさんに聞いてみました。

私は個人的には、手術をさせてあげるのが親の務めだと思っています。歯並びが悪ければ、歯科矯正を行うのと基本的には同じ考えです。 リスクがないわけではありませんが、メリットの方が多い手術だと考えています。男女ともに匂いは、これからの生活の妨げになりますから。

最近の美容整形外科などから出している機械は私も受けましたが時間は両脇40分でクールダウンの時間を入れても1時間で終わりますし、麻酔の注射が少し痛いけど子供でも受けれるそうです。 でも、お医者様的には子供のうちは、汗腺が発達するのである程度発達してからの方が取り除いた部分と違う汗腺から臭いがする事になりまた受ける事になるのは辛いので高校生ぐらいからの方が良いと言っていました。

正直手術となると、抵抗があります。痛そうだし、傷は残るのかとか、余計な不安が生じるからです。なので、手術をさせるよりも、良いデオドラントを探して検討し、それでも難しいとなった場合は、手術について調べるという感じです。

子供のワキガがわかったら程度によっては手術をさせてあげたいと思います。私自身ワキガがあり周囲に臭うことを気にしていました。 制汗剤ではにおいはおさまりませんし、服の脇の下の部分が黄色くなってしまい嫌な思いもしました。大人になってから手術をさせてもらってパーフェクトではないですが全然違います。本人の意志にもよりますが希望すれば叶えてあげたいです。
今高校生ですが手術は考えていません。 本人が自分で稼ぐようになって、気になるようだったら手術はすればいいと思います。 手術となると金銭的にも体力的にも負担がかかると思うので、手術したい子は高校生なら大丈夫だとは思いますが、まだ早い気もします。
ワキガの手術はさせないと思います。 高校生になって学校関係、塾にお金がかかるので、手術に当てる余分なお金がないからです。そのお金を工面するのは大変です。手術して必ず治るわけではないと思うので、手術は受けさせないからです。
手術可能な年齢になったらできるだけ早い時期に手術させます。 もちろん子どもが手術を嫌がるようでしたら無理強いはしませんが、高校生は一番多感な時期ですので手術をして完治させることがベストだと思うからです。最大限子どもの意見、友だち及び周囲への配慮を施しながら手術するように話を持っていきます。
私は子供と相談した上ですが、早いうちに手術を受けさせたいと思っています。場合によっては、数回の手術が必要になるケースもあるそうなので、可能な年齢になればすぐにでもと思っています。 いろんな考え方があると思いますが、ワキガが原因で辛い思いや、嫌な思いをさせたくないと考えています。
病院で手術の説明をきちんと聞いた上で、子供と相談の上で手術するかどうかは検討するかと思います。私自身の意見としては手術には賛成です。今後、社会に出た際に子供が体臭によって周りに嫌な目に遭うのが恐いからです。
本人が希望するなら手術させます。コンプレックスで社会に出てから消極的になってほしくないからです。また、ワキガで得することは何一つないと思います。ただ、手術で完治するものなのか、傷跡は残らないかなどしっかり子供と調べてから決断すると思います。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-子供
-, ,