美容

おならが多いと思ったら過敏性腸症候群ガス型の症状かもしれません

更新日:

IBS

 

過敏性腸症候群(IBS)と言う病気があります。

最近になって有名になってきた病気なので、知らない方も多いと思いますが、今回は過敏性腸症候群とはどんな病気なのか?どんな原因でどんな症状なのか?を詳しくご紹介します。

症状によってタイプが大きく4つに分かれる過敏性腸症候群ですが、ここでは特に「ガス型」について触れて行きます。

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群とは、腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにも関わらず、腹痛や腹部の不快感を伴い、便秘や下痢などの症状が長く続く疾患のことを言います。

言葉を変えると、「何かしらの原因によって長期的に便通異常が生じる疾患」とも言えます。

少し前までは、大腸に原因があると考えられ「過敏性大腸」と呼ばれていたこともありましたが、最近になり小腸を含めた腸全体の機能に異常があることがわかってきたため「過敏性腸症候群」と呼ばれるようになりました。

この過敏性腸症候群には、機能性消化管疾患の一つで大きく分けて4つのタイプに分かれます。

4つのタイプ

  • 男性に多いと言われる『下痢型』
  • 女性に多いと言われる『便秘型』
  • ガスが溜まりやすい『ガス型』
  • 複数の症状が出る『混合型』

過敏性腸症候群ガス型の症状は?

「緊張するとおならが止まらない」や「おならの臭いがキツい」、「場所を問わずガス溜まりが苦しい」、「出したくないのにおならが出る」などの自覚症状があれば、過敏性腸症候群ガス型かもしれません。

過敏性腸症候群ガス型は、どの世代にも起こる疾患ですが、特に20~30代に多いと言われています。

その背景にはストレス社会が考えられ、ガスだけではなく、便秘や下痢などの症状も併発している方が大半のようです。では、具体的な症状を見て見ます。

<症状>

  • ガスが腸内に溜まっていると自覚できる。
  • 自分の意志に反してガスが頻繁に出る。
  • ガスが腸内で動くことにより腹痛がある。
  • ガスの臭いがキツい気がする。
  • 緊張するとガスが出る。

<どんな人がなりやすいか?>

  • デリケートな人。
  • 真面目な人。
  • 気が弱い人。
  • うつ傾向にある人。
  • 極度に緊張しやすい人。

常にトイレへ駆け込める状態であれば、おならの悩みも抱えませんよね。

通勤や授業中(テスト中)、会議中などしばらくトイレへ行けない状況が続くとわかった時点から腹痛やガスが止まらないなどの症状が起きるため、この疾患が「ストレス」と密接な関係があるとわかると思います。

また、健康な方はおならが無臭のこともありますが、過敏性腸症候群の方はおならが通常よりも「クサイ傾向」にあるとも言われています。

ですから、密室時におならをすることで、すぐに臭いが充満し、嫌な思いをすることも多いのです。「そうなってしまったらどうしよう…」と考えることもストレスですから、このストレスの悪循環が過敏性腸症候群ガス型の方を悩ませる大きな原因になっていますよね。

ストレスが原因なことがわかりましたが、その他にも原因があるのでしょうか?次に他の原因についてご紹介します。

おならが出ないように工夫していること

おならの音、どうやって誤魔化してる?

過敏性腸症候群ガス型の原因は?

過敏性腸症候群ガス型の原因には、「ストレス(心理)」の他にも「生活」や「食事」が原因であることが近年の研究結果でわかってきました。

過敏性腸症候群自体が近年知られるようになった疾患なので、未だに解明されていない部分も多いですが、現時点でわかっている原因についてまとめてみました。

原因①生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、「睡眠不足」「食生活の乱れ」「運動不足」などが挙げられます。

特にこの中でも睡眠不足はとても重大。先程、ストレスが原因と言いましたが、睡眠不足になると翌日にも疲れやストレスを消化できないまま日常生活を送ることになります。

脳がストレスを受けると、消化器官への働きかけが正常ではなくなるので、小腸が機能を調整出来ない状態になってしまうんですね。

ですから、毎日の生活習慣をしっかり整えましょう。

<睡眠不足>

毎日決まった時間に眠らず、睡眠時間に差が出ること。

<食生活の乱れ>

好き嫌いが多く、バランスよく食事を摂れていない。または、食事の時間が決まっていないこと。

<運動不足>

全く運動をしていないこと。適度な運動はストレス発散と腸の動きを良くします。

原因②不安や緊張

「緊張したらお腹が痛くなる」と言うのは、誰しも起こることです。元々胃腸はストレスに対して敏感ですからね。

これは、ストレスによって自律神経が正常に動かなくなり、小腸などの調整機能に異常をきたすからだと言われています。

また、緊張すると空気を飲み込む(空気嚥下症や吞気症)方が多いですが、その飲んだ空気がゲップやおならとして体外へ出ることもわかっています。

痩せ型で胃や腹筋の緊張が弱い方は、胃が膨らんで空気を溜め込みゲップとして出てくることが多く、体格が良く胃や腹筋の緊張が強い方は、空気が胃を通り越して腸に送られガスとして出やすい傾向があるようです。

ドライブデート中にオナラをしたことがありますか?

職場や学校でおならが出そうになった時どうしますか?

原因③暴飲暴食

ストレスが溜まると暴飲暴食をしがちですよね。脂っこい食事やお酒の飲みすぎ、不規則な食事などは脳や身体へストレスを与えてしまいます。

例えば、夜遅くに食べた食事はキチンと消化出来ずに朝まで残ってしまいます。それが不消化便やガスを多発する原因になってしまうんですね。

ちなみに食べることでガスの臭いがキツくなってしまう食品もありますが、ガスが臭いのは腸内の「善玉菌」と「悪玉菌」のバランスが乱れている可能性も考えられます。

過敏性腸症候群ガス型の治し方

おならを我慢することもストレスになりますし、おならをしてしまうと他人の目が気になりその不安もまた過敏性腸症候群に繋がってしまいますよね。

それでは、どのように治療すれば良いのか?をご紹介します。

過敏性腸症候群ガス型は何科を受診するべきなのか?

もしかして、私は過敏性腸症候群なのかも?と思っても、実際にそうかどうかはわかりませんし、専門の医療機関を受診するのが間違いなく良いと思います。

過敏性腸症候群は、便秘や下痢、ガスに悩まされる病気なので、まずは「消化器科」を受診しましょう。

また、内科や肛門か、胃腸科なども診察してくれる病院もありますので、悩んでいるくらいならとりあえず病院へ受診してみましょう。

過敏性腸症候群は「腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められない病気」ですから、まずは、腸など身体に異常がないか?血液検査を行われると思います。

その他、必要に応じて便検査やレントゲン撮影、内視鏡検査なども行われる可能性がありますが、これは体内の状態などを客観的に判断するために行われる検査なので、医師の指示に従って検査を受けるようにしてくださいね。

その後、生活指導や内服薬などの処方があります。内服薬を処方される場合は、消化器運動機能改善薬や鎮痛薬、抗不安薬、乳酸菌製剤などが処方されることでしょう。

おならの悩み何処に受診する?内科?心療内科?消化器科?

自分で出来る過敏性腸症候群ガス型の治療法は?

病院へ受診しても根本的な解決にはなりませんので、自分の出来る範囲で無理なく意識して生活習慣などを改めていきましょう。少しずつ始めることが大切です。

ここでは、自分で出来る過敏性腸症候群ガス型の治療法についてご紹介します。

① 運動

運動をすることで、消化運動に関わる自律神経系に刺激を与えることが出来ます。無理に運動するよりは出来る範囲で続けられる運動をしましょう。

② 食事

  • 1回の食事量を減らす。
  • 普段の食事に食物繊維を多く取り入れる。(体質などにより逆効果となるケースもあるため、医師に確認する必要あり)
  • 刺激物を避ける。(カフェイン、乳製品、アルコール、タバコ、香辛料など)
  • サプリメントの摂取。(善玉菌を増やし悪玉菌の活動を抑制する効果のあるものを選ぶ)

③ 休息

  • 身体をしっかり休ませる。
  • ストレスのない環境を作る。
  • 気持ち的にリラックス出来る空間や時間を作る。

休息と言っても、ただ休むだけでは意味がないので効果的な休息を取りましょう。休息をとる上で重要なのは「精神的な緊張を和らげたり、取り除くこと」。

また、自分で自分の気持ちをどうやったらコントロール出来るのか?を知ったり、訓練するのも効果的な治療法と言われています。

意識出来ない時に出る寝っ屁を防止する方法

おなら用の消臭パンツ使ったことありますか?

 

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-