美容

産後、顎ニキビが出来やすくなった人いますか?

投稿日:

産後に顎ニキビが増える理由

生理前や妊娠中、産後に顎ニキビが増えることってありませんか?全体的に肌の調子が悪い日は、朝から憂鬱な気分になりますよね。

これらは全て、体内のホルモンバランスの乱れが影響しています。妊娠中や産後は女性ホルモンが不安定な時期。

まずは妊娠中~産後に見られる、女性ホルモンの特徴や肌に与える影響を見て行きましょう。

妊娠中の女性ホルモン

女性の身体は、妊娠と同時にプロゲステロンという女性ホルモンが活発になります。このホルモンは赤ちゃんを、お腹で守っていくためには大切なもの。

しかし、このプロゲステロンの分泌量がいつも以上に増えるため、妊娠中にイライラしたり、突然泣き出したり、感情のコントロールができなくなると言われています。

また皮脂分泌を促す作用があることから、妊娠中に顎ニキビが発生しやすいのもプロゲステロンが原因です。

産後の女性ホルモン

出産後、今度はプロゲステロンが戻ろうと体内で活発になります。ここで一気に減少してしまうことで、ホルモンバランスが崩れてしまうわけです。

また、母乳を作るためにプロラクチンという新たなホルモンが分泌されます。ここでまた、ホルモンバランスが崩れるわけです。

出産後にできやすい顎ニキビに関しては、女性ホルモンというよりは急激な変動でホルモンバランスが乱れてしまうことが原因です。

産後ニキビを作らない方法とは

産後は新たなホルモン出現で、顎ニキビができやすい時期。今まで分泌されることがなかったわけですから、ホルモンバランスが乱れても仕方がないですよね。

ですが、いつもキレイな肌でいたいのが女性の本音です。顎ニキビを悪化させない方法は2つ。

産後のママさんは、24時間赤ちゃんに付きっきりです。睡眠どころか食事もままならないですよね。

ですから余計に顎ニキビが作られ、肌トラブルが増えてしまうわけです。疲労が溜まった状態では、なかなか顎ニキビは改善されませんよね。

家事は後回しにして、今より少しだけ睡眠を確保しましょう。

・睡眠
22時~2時は、肌や身体のコンディションを整えるゴールデンタイムと言われています。産後は家族の協力の元、睡眠確保につとめましょう。

・食事
産後は母乳に合わせた、質の良い食事が基本です。ヘルシーな食事、特に根菜は、母乳や顎ニキビにも効果的です。

まとめ

産後は女性ホルモンが乱れやすい時期です。育児がストレスとなり、肌質が悪化する場合もあります。

母乳時期はサプリメントではなく、質の良い食材で顎ニキビを改善していきましょう。

時々、一人の時間を設けるなど、息抜きも必要ですよ!

産後に顎ニキビって出来やすいですか?

産後の状態異常を経験された方って、非常に多いのではないでしょうか?

産後には、様々な身体の異常が起こりうるのですが、代表的な例で言うと『抜け毛』を多く経験された方は多いと思います。

抜け毛以外にも、意外と多く経験されるのは、産後のニキビに悩まされる方が多いと言う事。

妊娠中は、二つの女性ホルモンの分泌が活発になり、その内の一つには皮脂の分泌を促す作用がある為、妊娠中もニキビが出来易いとされています。

しかし産後は逆に、これらのホルモンが急激に減少する為、ホルモンバランスの乱れた状態が続くのでニキビが出来易いとされています。

どちらにせよ、ニキビの出来易い環境となってしまっているのですが、今回みなさんには『産後、顎ニキビの出来易くなった人は居ますか?』と言う質問をしてみました。

出来やすいですね。産後って、本調子になったつもりでも、色んな所にガタが出ている気がします。病気にかかりにくかったのに、病気になったり、ニキビもしばらく出てなかったのに、産後2ヶ月くらい経って、少し落ち着いた頃に出来ちゃいました。しかも、それが中々治らないのなんのって困っちゃいますよね。あと、顎ニキビって、触りやすい部分に出来るのが何より駄目だと思います。イライラするとツイツイ触っちゃうんですよね。
私は産後の肌荒れが酷く、産前にはできなかった箇所にもニキビができるようになってしまい、今まではなかった顎にもニキビが出来やすくなってしまいました。産後に体質や肌質の変化があり、お肌は乾燥しやすい肌質になってしまったので、顎は特に乾燥しやすいため保湿ケアがしにくくなってしまいニキビが出来やすい状態となってしまっているのかもしれません。
産後ニキビが酷くなりアゴの周りにも酷くできました。元々敏感肌でニキビが出来やすいのですが出産して母乳をあげていると肌はどんどんボロボロになりなかなか治りにくかったです。色々な市販の化粧水やら保湿やらしましたが一向に治る気配もなく消えてはまた次の日にできて、の繰り返しで今では跡が消えないほどひどくなってしまい外に出るのもスッピンじゃ出歩けません。

元々肌荒れはひどい方なのですが産後はもっと荒れるようになりました( .. ) 疲れからきてると思うのですが抜け毛なども増えましたね…

供がうまれてから、顎まわりに、ニキビができやすくなりました。ホルモンバランスが、かわったことだと、皮膚科のせんせいからは、いわれましたが、あまりに、なおらないため、ホルモンバランスをととのえる、漢方薬を、現在、のみはじめております。漢方薬をのみはじめてから、たくさんできていた、顎まわりのニキビが、改善しました。

妊娠前や出産前は、顔にニキビが出来る事はほとんどなかったのに出産後、顎にニキビが集中して出来るようになりました。小さいニキビから大きいニキビ、触ると痛いニキビや赤いニキビなど色々なタイプのニキビが出来やすくなりました。洗顔も妊娠前や出産前と変わらずしているのに、何故か顎にだけ出来ます。赤いから恥ずかしいし化粧しても浮いてくるので悩みですね。
18才前後はニキビが顔にいっぱいできてしまい常に悩んでいました。皮膚科で薬をもらい洗顔も一日2、3回やさしく行っていました。 化粧品も皮膚科でも売られているNOVシリーズを使っていました。食事も甘いものや油こいもの、炭水化物を控えめに野菜を意識してとっていましたが、今から思うとタンパク質が足りなかったなと思います。気にしすぎないことも大事だなと思います。
産後3ヶ月経った頃から、顔にニキビができるようになり、今まで出来なかったので次第に治るかなと思い、そのままにしていたところ、いたるところにでき始めたので皮膚科へ通うことにしました。女性ホルモンバランスが崩れ、子供が夜泣きするので昼夜逆転の生活だったので、体も辛く、ニキビもできやすくなっているようで、漢方薬を処方してもらいました。
二人出産しましたが、2回とも産後1年間はとてもお肌が乾燥している感じがしていました。 産後1年は、基本的にお肌がザラザラした感じがして、肌トラブルが多かったのですが、 そのトラブルの中の一つが、顎ニキビでした。 少しでも野菜が不足気味だなと思ったら、すぐに口の周り、特に顎にニキビが出来るようになりました。 現在産後2年くらいで、お肌の乾燥はだいぶましになってきましたが、 顎ニキビの出来やすさは相変わらずです。 また、一度顎ニキビが出来てしまうと、なかなか治らないのが悩みです。
元々顎ニキビに悩まされており、妊娠してから一度綺麗に治ったのですが、産後またニキビが復活してしまいました。 妊娠中は、食生活に気を配り、睡眠もなるべく多くとるようにしていたので、ニキビが緩和されたのだと思います。産後は寝不足が続いて、授乳により赤ちゃんに栄養が取られてしまうので、肌にも表れていました。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-