美容

胃腸を整えることが顎ニキビが出来ない秘訣!?何かしてますか?

投稿日:

顎ニキビと胃腸の関係

顎ニキビがなかなか治らない時、皆さんは何か特別なことをされていますか?スキンケアでも改善されない場合は、別の原因が隠れているかもしれません。

その考えられる一つの原因として胃腸の不調が挙げられます。胃腸のトラブルは顎や口周りにできやすい特徴があります。

ですから逆の発想を取り入れることで、簡単に顎ニキビが改善されるかもしれませんよ!

胃腸を整える方法を3つ紹介しますね。

断食

しつこいニキビには断食も有効です。一般的な断食は2日間、飲まず食わず過ごすというもの。ただし水だけはOKです。

胃腸を空っぽにすることで、日頃の胃腸ストレスを解放してあげることが目的です。その結果、体質・肌質改善が簡単にできるんです。

断食はデトックス効果が抜群のためダイエットにも向いています。老廃物を出し切ったあとは、肌が潤いニキビや吹き出物も少なくなりますよ。

断食注意点
断食終了後は、胃に負担がかからない「おかゆ」から口に入れましょう。固形物は胃を刺激して腹痛の原因になるので注意してくださいね。

冷たい飲み物を控える

冷たい食事を摂りすぎて、お腹を下すことがあります。例えば、アイスやジュースを一気に体内へ取り入れると、急にお腹が痛くなり、身体も冷えてしまいますよね。

そうすると、便を直腸まで運べなくなり何日も便が出ない、または下痢が続くという現象が起きます。

排便のリズムが狂うと老廃物が残るので、顎ニキビができやすくなります。飲み物は、氷ナシまたは常温にすると良いでしょう。

善玉菌を増やして便秘を改善!

便秘は厄介なもので、何日も続くと顎ニキビとして現れることがあります。これは、ストレスや代謝サイクルの乱れが関係していますが、根本的な原因は「悪玉菌」です。

腸内細菌は2つ。悪玉菌と善玉菌に分けられます。
悪玉菌が増えると腸内バランスが崩れて、顎ニキビへ発展します。ですから、便秘を改善しなければ、顎ニキビは改善されないということになります。

善玉菌を増やすための簡単な方法は「青汁」です。実際に青汁を飲むと便通がよくなると報告があります。

青汁は野菜の宝庫です。食物繊維が腸内環境を整えてくれることで便秘を改善し、同時に顎ニキビを作らない身体にしてくれますよ。

まとめ

胃腸を整えると、顎ニキビができにくいという情報は本当です。特に便秘は老廃物を溜め込み、顎ニキビを作る原因です。

まずは青汁で腸内環境を整えてみてはいかがでしょうか?飲みづらい方は、「ハチミツ」を小さじ1杯入れると、飲みやすくなりますよ。

胃腸と顎ニキビの関係知っていますか?

みなさんは、普段から顎ニキビに悩まされてはいませんか?又は、過去に悩まされた経験はありませんか?

顎ニキビって、凄く目立つのにも関わらずなかなか治ってくれないし、痛みもあったりで、最悪なんですよね…

目立つだけに、人の目を気にしてしまいどうしてもうつむき気味になったり、気分も暗くなってしまいがちになります。

メイクで隠そうとしても、完全には隠せないし、むしろメイクのせいで余計に酷くなる事もあるし、厄介だらけです。

噂で、顎ニキビは胃腸を整えると治りやすと聞いた事があります。

その噂って、本当なのでしょうか?

そこで、今回みなさんには『胃腸を整えることが顎ニキビが出来ない秘訣!?何かしてますか?』と言う質問をしてみました。

顎ニキビは、不規則な生活やストレスなどから大人に多いそうで、胃腸を整える為に食生活に気を配っています。 夜中に炭水化物や脂っこいものを食べると、胃がもたれて便秘にもなりやすいので、なるべく夜8時以降は食べないようにしています。また、水分をたくさん摂るようにして便秘を防いでいます。 胃腸の調子が良いと肌の調子も良いので、これからも気をつけたいと思います。
便秘になりガスが溜まったりお腹が張ったりすると、決まって顎ニキビが出てきます。 なので、なるべく腸に便が留まらないように気をつけています。私の場合は、毎朝ココナッツオイル大さじ1杯をホットミルクに溶かし飲んでいます。これを飲みだしてからは薬に頼らず出るようになり、それにともない顎ニキビが出てくることも少なくなりました。
顎のニキビで悩んでいた頃、腸の状態がそのまま肌に出る、と本で読みました。それからはヨーグルトを摂ったり、キムチやぬかづけ、納豆などの発酵食品を意識的に食べるようになりました。 それによりまずお腹の調子がよくなり、次第に顎のニキビも改善されていきました。 ニキビを治すには体内から整えていくのが確実と実感しています。
胃腸の調子とニキビが関連していることがわかってきたのでニキビが増えた場合は胃腸の調子に気を付けるようになりました。 ニキビができても胃腸の症状はないことも多いのでストレス性の胃腸トラブルに効くという漢方の胃腸薬を飲むようにしています。 胃腸薬を飲めばニキビができないとかすっきり治るということはありませんが多少の効果は感じています。
便秘をしているとやはりやたらとニキビができて肌荒れが目立つような気がします。 なので生理前などに下剤を飲んで整えています。あまり薬は使いたくないのですが 便秘中に油っこいものやチョコレート、コーヒーなどを取り入れると更にニキビが悪化するので自分の力で無理なときは薬に頼ってしまいます。 やはり排出するとスッキリしたのか なんとなく気にならなくなったりします。
出来るだけ加工品を避けます。 特にソーセージなど脂の多いものは、胃腸に負担をかけるので避けるようにしています。 野菜を食べるように心がけます。 ドレッシングも出来る限りノンオイルのものを選びます。 もちろんまったく脂を取らないという訳ではありません。 適度な脂は肌に潤いを与えます。 食事の栄養バランスを考え、特に過度の脂を摂取し過ぎないようにします。
顎ニキビは、ホルモンバランスだったり、また、胃腸がわるいばあいにも、できやすくなったりします。わたしは、胃腸を、じょうぶにするため、ヨーグルトを、毎日、たべるように、こころがけております。ヨーグルトをたべはじめてから、便秘がなおり、顔の血流もよくなり、顎ニキビが、へりました。肌がつるつるに、なりました。
顎ニキビの改善にはビタミン摂取が効果的ですが、ビタミンは食べ物で摂取する以外に体内でも生成されております。胃腸の状態が良いとビタミンはどんどん生成されるので、胃腸環境をよくするために、私は毎朝の朝食前に白湯を飲んで、その後にフルーツとヨーグルトを食べるようにしております。すると便通も良くなり、胃もたれや胃のムカつきはほとんどなく、顎ニキビの増殖も防ぐことができます。
昔から胃腸が弱く、すぐに胃がもたれてしまう体質です。気をつけてはいるのですが、消化不良の状態が多く、胃がもたれる日々が続くと確かに顎ニキビができてしまいます。食生活が大事、甘いものの食べ過ぎや辛いもの(胃に刺激を与えるもの)の食べ過ぎがニキビをできやすくするというのはよく聞きました。ですので、食べ過ぎないことで胃腸の調子を整えることは顎ニキビをつくりにくくすることだと思います。
焼き肉や油物を食べて、胃腸に負担がかかった時の次の日は肌荒れがひどく顎ができることが多いです。なので、胃腸に負担がかかって胃が荒れている状態の次の日には胃に優しいものを摂取するように心がけています。主に、おかゆや野菜果物を中心にとると胃腸が整えられ肌荒れも改善し顎ニキビも治りが早くなります。またニキビもできずらくなりました。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-