美容

おならが出ないように工夫していること

更新日:

おならとは?おならが出る仕組み

ふとした時に出そうになるおなら、嫌ですよね。おならとは何なのかを簡単に説明すると、体内に残ったガスの事を言います。食べ物を消化・分解する時に発生する物質と飲み込んだ空気が混ざり合って体外へ排出されるのがおならです。

誰でも1日に15~20回、量で言うと多い人では約2ℓものおならをしている事がわかっていて、意識的にするおならもあれば寝ている時など無意識に出てしまう場合もあります。人は食べ物や飲み物を摂取すると、それが胃に入り栄養分と便に分別されて吸収されます。消化の悪い食品や胃腸に不調をきたしている時はおならが頻回に出たり、悪臭を放つケースもあります。

おならには便を押し出すという働きがあるため、生きていく上でおならは出ないと困るものなのですが、おならをしてしまうと困るシチュエーションがあるのも事実ですよね。よくおならを我慢すると身体に悪いと言われたものですが、本当にそうなのでしょうか。

 

おならは出さないと身体に悪いって本当?出さないとどうなる?

おならをしたくなった時に我慢した経験がある人は多いのではないでしょうか。おならを我慢すると身体に悪いと言われる理由について簡単に説明しますね。

上記でも言いましたが、おならは身体にとって不要なガスなので、意識・無意識問わず身体が体外へ排出しようとしているのを我慢するのはあまり良い事とは言えません。一時的な我慢はできると思いますが、我慢しすぎると身体へ悪影響を及ぼす事もあります。

 

腹痛

あまりにもガスが排出されず腹部にため込んでいると、お腹が張るだけでなく痛みを感じる事もあります。

体臭

腸内にガスが溜まったままの状態が長時間続くと、腸の血管を通じて身体全体に広がり体臭や口臭がキツくなる事もあります。

腸蠕動低下

おならを我慢してため込むと腸の動きが悪くなり、ガスが原因で慢性的な便秘になる事もあります。

 

おならを出さない工夫とは?

おならを出さないためにできる工夫についてまとめたいと思います。

1、 炭酸飲料を控える

炭酸には空気がたくさん含まれています。ほとんど無臭に近いおならではありますが、空気を飲み込むのと同じ事になりますので、おならをしたくない時には避けるようにしましょう。

2、 ガムを噛まない

ガムを噛むと唾液が出ますよね。分泌された唾液を飲み込むのと同時に空気も一緒に飲み込んでしまうのでガムは控えましょう。

3、 早食いしない

早食いは固形のまま飲み込む事が多く、空気も一緒に飲み込んでいるケースが多いと言います。消化しやすくするためにも食事はゆっくり噛んで食べるようにしましょう。

4、 乳製品を避ける

体質にもよりますが、乳製品(特にチーズや牛乳)を摂取する事で、腸内の乳糖がうまく分解されず、おならとして体外へ排出される事があります。乳製品による影響でおならが出ている場合は悪臭なので注意しましょう。

5、 肛門に力を入れる、姿勢を正す

便を我慢するように肛門に力を入れるとおならも我慢できます。一時的な対処法なので、トイレへ行ける場合は移動して誰もいないところで出した方がすっきりしますけどね。体を動かすと刺激となっておならが出てしまう事もありますが、姿勢を正す程度であれば腸の中でガスが分散されるので一時的な対処にはオススメです。

どうしてもおならが出そうな時は?

どうしてもおならが出そうになった時は、我慢するよりも音が出ないように出しちゃいましょう。お尻から太ももまで左右のどちらか一方を傾ける方法が一般的だと思いますが、私が働いていた職場の上司は「おならをする時に音がしてしまうのは、お尻の皮膚が接しているせいだ」と、ズボンの上からでも片方のお尻を持ち上げてお尻同士を離せば良いと言っていました(笑)

代表的な腸トラブルについて

腸の代表的なトラブルと言えば便秘と下痢です。女性は男性よりも骨盤が広いため、便秘しやすい体質の方が多いと言います。また、下痢も便秘や月経、冷えなどの女性特有の症状が関係している事がわかっています。

おならの回数を減らすためには、腸内環境を整えるのが良いと思いますので、腸内環境を整える方法を紹介しておきます。

毎食後に水を飲む

水分が不足していると腸の排泄運動がスムーズに行われません。食後にコップ1杯、特にマグネシウムが含まれる硬水を飲むようにするだけでも腸内環境が整います。

食事内容に気を付ける

腸内で善玉菌を活性化させるために、ヨーグルトやチーズ、納豆や味噌などの発酵食品を積極的に摂取しましょう。腸粘膜を保護する効果のあるカツオやサンマ、肉やほうれん草など毎日の食事にバランス良く取り入れる事が大切です。また、食物繊維は腸内環境を整える働きがあるので、こちらも意識して摂取するようにして下さい。

オリゴ糖

善玉菌を増やすためには、毎日の食事にオリゴ糖をプラスするのも良いのではないでしょうか。食事からもオリゴ糖は摂取する事ができますが、オリゴ糖シロップは摂取量も調整できるのでオススメです。

 

おならが出ないように工夫している事を聞いてみました

おならは誰にでも起こる生理現象ですし、おならをする事は決して悪い事ではないのですが、他の人におならをした事がバレると恥ずかしく罪悪感まで感じてしまう人は少なくありません。

我慢は身体にとって良い事ではなくても、おならを我慢せざるを得ない状況もあるはずです。そこで「おならが出ないように工夫している事」を質問してみたので、結果を紹介させて頂きます。

 

私はお腹にガスがたまりやすい体質のようです。普段は何もしませんが、出てはいけない日の前日は、芋やカボチャを食べない。食事をしっかり噛むということを気をつけています。また、お腹がガスで張った時は夜にお腹を優しく円を描くようにマッサージをして、ガスが自然になくなるようにします。便秘が原因の時もあるので、なるべく便秘しないように野菜をたくさん食べています。
私は食物繊維系の食べ物を食べすぎないようにしています。女性で便秘でお困りの方は多いと思いますが、私は食物繊維系食べ物を食べ過ぎるとおならが出てしまう体質のようです。特に、サツマイモとゴボウの食べすぎには注意しています。もし、職場や学校などでおならが出そうになった時は、出そうになると思った時からお尻に力を入れ、肛門を締めるようにします。そうするとおならが出そうになるのが少し和らぎます。
大事な会議や接客などがあるときなどの前日はいも類の野菜は食べないようにしています。いも類を食べると音だけでなく、臭いもします。普段は便秘にならないように気をつけています。野菜を食べたり、水分をしっかりとっています。あとは腸の動きがよくなるように適度な運動をしたり、お腹のマッサージをしたりしています。
力をいつも引き締めているという事です。 気が緩むと出てしまうので、意識をするだけでも大きく違います。 そして、あんまりダイナミックの動きをしないように心がけてます。 また、お肉を食べすぎると臭いのしか出ないので、食物繊維が豊富の野菜を中心の食生活を心がけています。 それだけでも万が一不意打ちで出たとしても気づかれにくいです。
私は結構オナラが出やすいタイプで、たまに気を抜くと音が出てしまい友達に笑われてしまった事も何回かあり、恥ずかしい思いをしました。 私がたどり着いたオナラが出ないようにする工夫は、常に排便はしっかりとする事ですかね。 朝起きたら、コップ一杯の水を飲むと腸の動きが良くなるのか毎日排便が出るようになり、オナラの回数も減りました。
人と会うときは出来るだけお腹を縛り付けないような服装をします。ゆったりとした服を着るので、余計に太って見えますが、お腹やお尻を隠せるので、良い思いもしています。 とくにおならをしたくないときには、前日に下剤を飲んですっきりできるようにしています。普段から便秘気味なので、ちょっとだけおなかのラインもすっきりして見えます。
少量ずつ物を口に入れます。一度に大量に入れ込まないことが大事です。口に入れたものは三十回ずつ噛みます。三十回以上かむことはよいとします。噛むことで固形物の繊維が砕かれていき体内での処理がしやすくなります。噛むことで空気を一緒に体内にためなくします。体内に含まれる空気が少なくなればガスとして出ることを防ぐことが可能です
食べるときに空気を飲み込まないように、口を大きく開かないようにして食べます。また、げっぷを我慢するとおならが出やすくなってしまうので、げっぷは我慢せず出すようにしています。便秘になると腸内にガスが出来やすくなってしまうので、なるべく食物繊維・水分を多く摂るようにして、便秘にならないように気をつけています。
もともとおなかが張りやすく、仕事中におなかが痛くなってしまうこともあるのですが、ヨガの先生に「朝一番のガス抜きがすごくいいよ」と教えてもらったので、毎日実践しています。まず、起きてすぐに白湯を飲んで、腸を温めてます。そして正座から手をゆっくりと前に前に進めていってうつぶせに近いような姿勢で呼吸を繰り返します。これをするだけで朝のすっきり度がまったく違いますし、私は便通も良くなりました。どうしても出そうになったときは、一目散にトイレへ行きます。

 

おならが続いた時はどうしているのか聞いて見ました。

みなさんは、普段生活している中で、臭いオナラが続く事ってありませんか?

オナラは自然の事とは言え、臭い匂いを放ってしまうと、自分自身でさえ嫌な気分になります。

場所を問わず、急にしたくなるオナラ…

臭いと、周りに迷惑を掛けていないか、気付かれていないか、本当にヒヤッとする思いをしますよね…

臭いオナラをする人の体内で良く起こっているのは、腸内フローラの悪玉菌が崩れ、悪玉菌が優勢になる事で臭いオナラを発する事が考えられています。

規則正しい生活や食事などに気を遣い腸内バランスを整える等した方が良さそうです。

出来る事ならしたくない、臭いオナラ…みなさんは、臭いオナラ対策をしているのでしょうか?

そこで、今回みなさんには『臭いオナラが続いたらどうしますか?』と言う質問をしてみました。

こちらを参考に、対策してみては如何でしょうか。

臭いおならが続く時はだいたいお酒を飲んだ次の日や食べ過ぎた日が多いです。 もしくは下痢や便秘などお腹の調子が悪いことが多いので、整腸剤とたくさんの水を飲むことで腸内環境を整えます。 そして便をしっかり出し切ることで、お腹の調子はよくなり、おならも臭わなくなって来ます。一番大事なのは食生活だと思いました。
腸内環境が良くないのだと思います。なので、最近の食生活を思い返して食生活の改善を試みます。 まずは腸内を綺麗にする食物繊維を多く含むきゃべつなどの野菜をたくさん摂取して、便通をよくします。 また、お肉などの動物性タンパク質は一度控えて、大豆などの植物性タンパク質を含む食品を口にすることで腸内環境を整えます。
臭いおならが続いたときは、まず、だしきって、そのあとにヨーグルトを食べます。 私の場合は、ヨーグルトを1週間ほど食べると腸が動く感じがします。家にヨーグルトがないときは、母の薦めで温かい緑茶を飲むと臭いが薄くなると言っていたので、そちらも1週間ほど実践していくと、臭いがなくなります。肉類を食べるとどうしてもこの現象が起きるので、こういったことを実践しています。
臭いおならは、腸に便がたまっているのかなと考えるので、ヨーグルトとかヤクルトなどを飲みます。後はビオフェルミンを飲みます。すぐにできる対策としては、自分の部屋にこもります。体調が悪いとか言って夫から離れて、なるべく一人になっておならをします。臭い時におならを我慢すると、すごくお腹が痛くなるので、できるだけ出せる空間を作っています。
臭いおならが続いている時は、便が溜まっている時なので、便を溜めないように気をつけています。もともと便秘がちなので、食物繊維など摂るようにしています。 それでも生理前は特に便秘になって、臭いおならも出てしまいます。便秘が続いて、あまりにお腹が苦しい時は便秘薬を使います。排便すると、臭いおならも出なくなります。
おならは臭わない時と、臭う時があります。特に第三者が周りにいますと気になるものです。 私が経験した事なのですが、臭いおならがでるのは必ず乳製品を飲んだり食べたりした後なので、もしその日外出することがあるなら、おならをしたくなりましたら一度外にでる、もしくは外に出ることができなかったらトイレにいくようにしています。
音が出なくても、臭いおならは嫌ですよね。 おならの匂いは、便秘だったり、食べたものが原因だと思うので、私は食生活を見直しました。 私は、にんにくや揚げものを控えました。すると、匂いが薄くなり、おならの回数も減りました。本当ににんにくなどが原因かはわかりませんが、少なからず影響はあったのかと思います。 美味しい食べ物には必ずと言っていいほどにんにくは入っていますが少し我慢してみるといいかと思います。
私は30代後半の頃に一時、自分のおならが急に臭く感じる様になった時期がありました。 かなり腐敗臭がきつく、でも対処法もわからず途方に暮れていました。 しばらくして或る夜中に、急に激しい腹痛と下血を起こし救急外来で検査を受けた結果、虚血性腸炎との診断で、腸が酷く爛れている状態という事が判りました。 病院で処方された整腸剤を飲み、暴飲暴食を控えるようにしたところ、悩んでいたおならの悪臭がなくなりました。 腸の状態が良くない事が原因だったようです。 それから数年経ちますが、今でもビオフェルミンなどの整腸剤を飲んだり、出来るだけ腸に負担を掛けない食生活を心掛けるようにしています。
臭いの原因を探ることから、始めます。 まずは、食生活の改善。 お肉中心の食生活は、臭いの原因だと思われます。 野菜をたくさん摂り、お肉も鶏肉で胸肉などの脂身の少ないものを選ぶようにします。 また、排便にも影響していると思われます。 便通が良くなるように、乳製品を摂るよう心掛けます。 他にも、規則正しい生活により、臭いの原因を取る事が考えられるので、早寝早起きなどを心掛けます。
たいてい暴飲暴食が続いたあとに臭いおなら問題が発生します。今からの時期、クリスマスでチキンを食べてお正月でだらだら飲み食いすると臭いおならが続くことになりますね。わかっているのですが、毎年正月あけはあせります。今年もなんとしても仕事開始までに臭いおならを何とかしなければと必死でした。コタツだと家族に文句をいわれるだけですみますが仕事場ではそうもいきません。対策は月並みですが、大量に水を飲むことと階段の上り下り。(寒いので家の中でできることだけします。)肉を食べない等を続けると2、3日で気にならなくなります。

おすすめ

飲む日焼け止め 1

飲む日焼け止めについて 日に日に美容への関心が高まっている現代では、日焼け予防としての様々な対策をされている方も多くみら ...

-美容
-